サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > シトロエン「C3 エアクロス SUV」は見た目はなんちゃってだけど、元気な走りの爽快コンパクトSUVだ

ここから本文です

シトロエン「C3 エアクロス SUV」は見た目はなんちゃってだけど、元気な走りの爽快コンパクトSUVだ

速くないけど楽しい1.2リッター3気筒エンジンと6速ATの名コンビ

水平基調のダッシュボードなど、インテリアの基本的な造形はベースとなったC3と共通で、シートやエアコンの吹き出し口にオレンジの挿し色を用いてポップで楽しげな雰囲気を演出している。

シートの表皮に用いられるファブリック素材をドアの内張に用いるという小技も意外と効果的で、クルマのインテリアなのにリビングルームのような印象になる。こう言っちゃなんだけど、お金をかけずに雰囲気を良くするのがうまい。

といったインテリアを確認してから、1.2リッター直列3気筒ターボエンジンを始動する。C3エアクロスにはベース仕様の「FEEL」と豪華仕様の「SHINE」のふたつのグレードがあるけれど、このエンジンとアイシンAW製の6ATを組み合わせたパワートレーンは共通である。

で、このエンジンがものすごく良かった。ゼロ発進からタイヤのひと転がり、ふた転がりのあたりまでは、3気筒っぽい振動を感じさせる。けれどもその領域を通過すると、コーンと気持ちよく回る。5km/hから上では、3気筒だとはわからない。

回すほどに盛り上がるパワー感も気持ちよく、最高出力は110psだから速くはないものの、速く走っている気分が味わえる。2015年から4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞したという経歴は伊達ではなかった。

6ATとのマッチングも良好で、変速時のショックが小さいことと、変速のスピードが速いことをあわせて、「やっぱりキモチよさは、CVTよりトルコン式ATだな」という独り言が出た。

元気なエンジンと控え目だけれど実直なトランスミッションを組み合わせたパワートレーンには、大いに満足した。

試乗した「SHINE」には、アドバンスド・グリップ・コントロールが備わり、「ノーマルモード」「スノーモード」「マッドモード」「サンドモード」「(ESC)オフモード」の5つから最適なモードを選ぶことができる。

試乗日は好天でオンロードしか走らなかったので、このスイッチを触ることはなかった。それでもヒルディセントコントロールまで付いているあたり、お飾りではなく、悪条件での走行を真剣に考えた機能だとお見受けした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します