サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > タントがNボックスに肉薄。スープラがトップ5入り【ボディタイプ別売れ筋・8月】

ここから本文です

タントがNボックスに肉薄。スープラがトップ5入り【ボディタイプ別売れ筋・8月】

ステーションワゴン:マツダ6がトップ5入り

ステーションワゴン部門は、全体で7705台となり、市場シェアは4.3%と前月から0.3ポイント縮小した。全体に動きは少なかったが、アテンザから「マツダ 6」へと改名すると共に改良も受けたミドルクラスワゴンが台数を伸ばし、トップ5入りを果たした。

首位は3016台を登録した「ホンダ シャトル」。前月に続いて2ヶ月連続で登録台数ナンバーワンを達成した。2位は「トヨタ カローラフィールダー」。モデル末期まで首位の座を守っていたが、新型の登場が明らかになってから買い控えが起こっている模様で、8月は前月比44%減と減少した。

3位「スバル レヴォーグ」も前月比37%減の1105台と勢いがなかった。なおレヴォーグは今年10月の東京モーターシーで次期型のプロトタイプがアンベールされる予定だ。4位には「トヨタ プリウスα」が入った。

トップ5入りを果たした「マツダ6」は、改名と共に、新たに2.5リッターガソリンターボエンジンが設定された。これで販売に弾みがつき、登録台数は前月の198台から300台へと増加した。

【 ホンダ シャトルのその他の情報 】
ホンダ シャトルの中古車一覧
ホンダ シャトルのカタログ情報
ホンダ シャトルの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ