現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在

ここから本文です
試乗記 2018.5.15 レポート:島下 泰久 / 写真:ポルシェジャパン

自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在
  • 自然吸気911の最高峰、GT3 RS試乗。伝統の硬派な走りは健在

ターボボディを活かしてノーマルGT3比20psの出力向上

ドイツ語のレン・シュポルト、英語で言うところのレーシングスポーツを意味するRSの名は、これまでポルシェの持てるスポーツ性を極限まで突き詰めたロードカーにだけ与えられてきた。最初のモデルは伝説の“ナナサン・カレラRS”、つまり1973年式911カレラRS。水冷エンジン世代となってからは、ターボエンジンのGT2、自然吸気エンジンのGT3に、究極の存在としてのRSがラインナップされて今に至っている。

2003年にタイプ996後期型で初めてGT3 RSがデビューしてから、今年でちょうど15年という節目に登場したタイプ991後期型となる新型911GT3 RSのコンセプトはこれまで通り。サーキットでの卓越したパフォーマンスを誇る、自然吸気911の最高峰であることだ。

GT3との相違点として挙げられるのは、まずエンジンパワー。最高出力は20ps増の520psに達している。最大トルクは470Nmで、こちらは10Nmの増強である。

前期型ではGT3との間に差がつけられていた排気量は、新型では変わっていない。では、どのようにパワーアップを果たしたのかと言えば、実はボディワークに秘密がある。従来と同様、幅広で大きなエアダクトを備えたターボボディを使うGT3 RSは、それ故に吸気系の容量と取り回しに余裕が出来て、高回転域でより多くの空気をエンジンに取り入れることが可能になった。それが20psの差に繋がっているのである。

試乗ステージ:ドイツ・ニュルブルクリンク(GPコース)

ポルシェ 911の購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します