現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り

ここから本文です
試乗記 2014.6.12 レポート:萩原 秀輝 / 写真:BMWジャパン

4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り
  • 4シリーズグランクーペ試乗 セダンとは別モノの走り

想像以上に広い室内スペース

試乗車となったのは、2Lの直列4気筒直噴ターボエンジンを積む428iだ。車重は同仕様のセダンに対して70kg、クーペに対して60kg増えるがその負担をまったく感じさせない。ターボのない自然吸気式エンジンなら3Lクラスに匹敵する35.7kgmもの最大トルクを低回転域から発揮するだけにそれも当然であり、場面を問わず力強さの余裕に身を委ねる実感がある。

アクセルを踏み込めばトルクをパワーに置き換えながらエンジンがスムーズに吹き上がり、聴覚を適度に刺激する快音が響き、加速の小気味よさを巧みに演出する。こうした特徴は、同系のエンジンを積む仕様違いの420iでも共通だ。力強さの余裕についても、日常的な場面で不満を感じない程度には確保されているだろう。

前席の快適さはセダンと変わらない。試乗車はオプションのMスポーツ・パッケージを装備(日本仕様はグレードとして設定)していたが、スプリングやダンパーを強化したMスポーツ・サスペンションに19インチのランフラットタイヤを組み合わせていても突き上げをともなう不快感を意識せずにいられた。

ただ、後席については荒れた路面を通過すると乗り心地の硬さが気になることもあった。頭上スペースを得るためにシートのクッションがセダンよりもやや薄いことが影響しているようだ。ひょっとすると、体重が90kgを超えるリポーター自身だけの問題なのかもしれないが…。もし、後席の乗り心地が気になるならダンパーの減衰力を連続可変制御するオプションのアダプティブMサスペンションを選択し、走行モードをコンフォートに切り替えることで解決できることはクーペで確認済みだ。

後席の頭上スペースは、身長が180cmに迫るリポーターがシートに深く腰をかけると髪の毛が天井に触れてしまう。それも、ほんの少しだけ腰を前へ移動させれば頭上のスペースが稼げる。足下スペースは、前席に大柄な男性が座っていたとしても窮屈にはならない。サイドウインドーがスマートな割には面積が広く開放感が高いだけに、室内スペースの狭苦しさとは無縁でいられた。

4シリーズのグランクーペはスマートでスポーティ、さらに3シリーズのセダンと大きくは違わないユーティリティの高さを備えている。価格は3シリーズのセダンよりも高めの設定となるが、納得して余りある価値を獲得したモデルといえる。

【 関連記事:4シリーズ第3弾モデル、4ドアのグランクーペを発表

試乗ステージ:スペイン ビルボア 車種:4シリーズ グランクーペ

    【 420i グラン クーペ Mスポーツ 】
    全長×全幅×全高=4670mm×1825mm×1395mm
    ホイールベース=2810mm
    車両重量=1630kg
    駆動方式=FR
    エンジン=2.0L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ
    最高出力=180kW(245ps)/5000rpm
    最大トルク=350Nm(35.7kg-m)/1250-4800rpm
    トランスミッション=8速AT
    車両本体価格=557万円
    発売日=2014年5月21日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します