現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編

ここから本文です
試乗記 2014.3.28 レポート:川端 由美 / 写真:望月 浩彦、竹花 寿実

【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編
  • 【まとめ】 ジュネーブショー2014・ドイツ勢編

ランボルギーニ ウラカン

心躍るジュネーブ・サロン

仕事柄、世界中のモーターショーに足を運んでいるが、ジュネーブ・サロンほど心躍るものはない。開催場所がレマン湖のほとりにある美しい街というのも魅力的だが、なによりもショー会場に並ぶニューモデルの数々がクルマ好きにはたまらない。世界中から富裕層が集まるスイスという土地柄もあって、珠玉のスーパー・スポーツカーがこの地を発表の場に選ぶし、春を待ち望む人々に訴えるかのようにオープンカーやスポーツカーの発表も多い。さらには、ヨーロッパで開催されるその年はじめてのモーターショーということもあって、その発表のために経営陣や気鋭のデザイナーといった自動車業界のVIPが集まる華やかさも加わる。

自動車業界が熱気でウカされたような状態は開幕前夜から始まっている。恒例となったフォルクスワーゲン・グループナイトの今年の目玉は、なんといっても11年ぶりに刷新されたランボルギーニのV10モデル、「ウラカン」だ。V12搭載の「アヴェンタドール」と共通のデザインとテクノロジーを持ち、現代的にアップデートされた印象だ。開発担当役員のマウリツィオ・レジアーニ氏いわく、「自然吸気V10ならではの美点は、サウンドとドラマチックな加速」という。

詳細は個別の解説に譲るが、スペックを簡単に紹介すると、排気量は5.2Lのままだが、直噴とポート噴射を併用した新型V10ユニットとなり、最高出力610ps/8250rpm、最大トルク560Nm/6500rpmまで向上させている。7速DCTの採用により変速にかかる時間を低減し、アルミとカーボン複合材などの軽量素材の採用で1422kgまで軽量化したこともあって、パワー・トゥ・ウエイト・レシオは2.33kg/psと、驚異的な値だ。最高速325km/h、0-100km/h加速は3.2秒と、超弩級の動力性能を誇りつつ、CO2排出量は290g/kmに低減した。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します