現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

ここから本文です
試乗記 2013.1.25 レポート:河口 まなぶ / 写真:中野 英幸

CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

ワゴンにだって官能があっていい

CLSが2代目へと継続した理由はもちろん、そこに需要があるからゆえ。しかしそれだけに終わらせないのがドイツの自動車メーカーらしい部分。流行は自らが作り出すということを熟知しており、今度は4ドアクーペのワゴン版を企画したわけだ。

シューティングブレークとは本来、“2ドアクーペをベースとしたワゴン”的な、狩猟等に使うためのクルマを指した言葉だが、CLSシューティングブレークは先にも記したように4ドアがベースのワゴンである。しかしただの4ドアでなく4ドア“クーペ”がベースであるがゆえ、シューティングブレークと名付けたのだろう。いや、もとをただせば“4ドア・クーペ”というのも昔からの厳格な表現からすれば間違いではある。が、今や世に求められているのはカタチを示す適切な表現であって、その上では「4ドア・クーペ」は納得の表現だし、それをベースにしたワゴンが「シューティングブレーク」であって何の不思議もないわけだ。

しかも現状を見渡すと、ワゴンの世界にはまだ色気が標準装備されていない。というかワゴンはそもそも自動車の機能を拡大した“道具”としての側面が最大のウリなのであって、艶やかさとは無縁だった。しかしワゴンにだって官能があっても良いわけで、単なる道具ではなくライフスタイルビークルとしてのCLSシューティングブレークはとても魅力的なわけだ。

かつてメルセデス・ベンツを買うユーザーは、それを所有すること自体が明らかに大衆とは一線を画す“特別”だったわけで、それがCやAやBによって民主化されたことで、メルセデス・ベンツそのものが特別ではなくなった。結果かつてからのメルセデス・ベンツのユーザーは“特別”を求めてAMGや新たなモデルに流れた経緯がある。その流れは今、CLSシューティングブレークにあるわけだ。

試乗ステージ:小田原周辺 車種:CLSクラス シューティングブレーク

    全長×全幅×全高=4970×1880×1420mm
    ホイールベース=2875mm
    車重=2030kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=4.7リッターV型8気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=300kW(408ps)/5000-5750rpm
    最大トルク=600Nm(61.2kg-m)/1600-4750rpm
    トランスミッション=7速AT
    JC08モード燃費=9.4km/L
    車両本体価格=1240万円
    発売日=2012年10月12日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します