新車価格(税込)

807.01327.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

59.9450.0万円

中古車を検索

グレード情報CLSクラス シューティングブレーク

歴代モデル1件CLSクラス シューティングブレーク

ユーザーレビュー25件CLSクラス シューティングブレーク

CLSクラス シューティングブレーク

  • 見た目のデザインが良い
  • 見た目が美しい
  • 車高が低い

平均総合評価

4.8
走行性能:
4.5
乗り心地:
4.3
燃費:
4.0
デザイン:
4.8
積載性:
3.8
価格:
3.4

所有者データCLSクラス シューティングブレーク

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. CLS350 シューティングブレーク スポーツ AMGスポーツパッケージ_RHD(AT_3.5)
    2. CLS220d シューティングブレーク_RHD(AT_2.2)
    3. CLS400 シューティングブレーク_RHD(AT_3.5)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    6.8%
  • 男女比

    男性
    94.2%
    女性
    5.3%

    その他 0.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 53.4%
    2. 近畿地方 14.5%
    3. 東海地方 10.2%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 CLSクラスシューティングブレーク

平均値を表示しています。

CLSクラスシューティングブレーク

CLSクラスシューティングブレークの中古車平均本体価格

194.1万円

平均走行距離73,804km

買取情報CLSクラス シューティングブレーク

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値CLSクラス シューティングブレーク

走行距離別リセール価値の推移

CLSクラス シューティングブレーク
グレード:
CLS350 シューティングブレーク スポーツ AMGスポーツパッケージ_RHD(AT_3.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

1040.0万円

売却予想価格

79.6万円

新車価格の 8%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 111万円 95万円

80万円

新車価格の
8%

64万円

新車価格の
6%

1万km 109万円 89万円 69万円 49万円
2万km 104万円 76万円 47万円 18万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて CLSクラス シューティングブレーク

2014年10月

■2014年10月
メルセデス・ベンツ日本は、CLSクラスシューティングブレークに内外装のデザインの変更や安全装備の充実化、最新の快適装備の採用などの改良を施し、2014年10月10日に注文の受付を開始した。

外観デザインでは高解像度・高精度のマルチビームLEDヘッドライトを全車に標準装備した。フロントガラス内側のステレオマルチパーパスカメラと4つのコントロールユニットを用いて前方の交通状況を検知し、片側24個の独立したハイパフォーマンスLEDを瞬時に個別制御して先行車や対向車を眩惑しない範囲でヘッドライトの照射範囲を最大化する。

Sクラスなどに採用されているレーダーセーフティパッケージをはじめとする安全運転支援システムを搭載。ドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献するという思想に基づき、安全性と快適性を高次元で融合させている。メルセデス・ベンツがインテリジェントドライブと称するものだ。

視認性に優れた大型の8インチディスプレイを新たに採用し、アニメーションを多用したわかりやすいデザインにより使いやすさが大幅に向上するとともに、さまざまな新機能が追加されている。高速のデータ通信によって、COMANDオンラインでの情報検索や目的地周辺の確認などが迅速に行えるようになっている。

バリエーションはV型8気筒4.7リッターの直噴ツインターボ仕様エンジンを搭載したCLS550 4MATICシューティングブレークと、AMG製のV型8気筒5.5リッターの直噴ツインターボ仕様エンジンを搭載したCLS63AMG S 4MATICシューティングブレークの2グレードが設定されている。


■2015年2月
メルセデス・ベンツ日本はCLSクラスのシューティングブレークに、ツインターボ仕様の新開発エンジンを搭載したCLS400シューティングブレークを追加し、2015年2月18日に発売した。

CLS400シューティングブレークに搭載されるエンジンは、V型6気筒3.5リッターのブルーダイレクトエンジンをツインターボ仕様としたもので、最高出力245kW(333ps)、最大トルク480N・mの力強い動力性能を実現する。エンジン負荷の状況を常時モニターし、冷間始動時や高負荷時には均質燃焼、巡航時には成層燃焼など、状況に応じて常に最適な燃焼方式を選択する高効率なエンジンだ。トランスミッションは電子制御7速ATの7Gトロニックが組み合わされる。

装備面では、足回りの印象を引き締める19インチAMGマルチスポークアルミホイールなど、CLSシューティングブレークの個性を強調するAMGラインを標準装備するとともに、エアスプリングと連続可変ダンパーを電子制御して優れたロードノイズ特性、タイヤ振動特性を実現するエアマティックサスペンションを採用し、快適でスポーティな乗り心地を実現した。

さらに、前方の交通状況を1秒間に約100回検知、片側24個の独立したハイパフォーマンスLEDを瞬時に個別制御してヘッドライトの照射範囲を最大化する高解像度・高精度のマルチビームLEDヘッドライトを標準装備している。最新・最高の安全装備であるレーダーセーフティパッケージも全車に標準だ。


■2015年3月
メルセデス・ベンツ日本は、流麗なスタイリングが特徴のCLSクラス・シューティングブレークに直列4気筒のクリーンディーゼルエンジン搭載車を追加し、2015年3月31日に発売した。

メルセデス・ベンツは1936年に世界初のディーゼル乗用車を発売した歴史を持つ。今回の直列4気筒クリーンディーゼルエンジン搭載モデルは、排出ガスに尿素水溶液のアドブルーを噴射して化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物を大幅に削減する尿素SCR(選択型触媒還元)を採用している。ブルーテックと名付けられたこのディーゼル排出ガス処理システムを採用することで、世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現した。

今回追加したCLS220dシューティングブレークには、メルセデス・ベンツとして日本で初めて2.2リッターの直列4気筒ブルーテックエンジンを搭載している。ピエゾインジェクターを用いた最新世代のコモンレールダイレクトインジェクションや、低回転時からの素早いレスポンスと高回転時の大きなパワーをもたらす2ステージターボなどの先進技術により、最高出力130kW(177ps)、最大トルク400N・mの力強い動力性能と優れた燃費経済性を実現している。

同年4月1日には価格改定を行った。

2016年6月1日には価格改定を行った。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。