サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > CLSシューティングブレイクをニュルでキャッチ

ここから本文です

CLSシューティングブレイクをニュルでキャッチ

CLSシューティングブレイクをニュルでキャッチ

■ワゴン版CLS、いよいよ市販間近か [1/2]

メルセデス・ベンツCLSクラスは、2004年に初代がデビューして以来、4ドア・クーペという新たなトレンドを生み出すとともに、現在に至るまでプレミアム4ドア・クーペのマーケットリーダーであり続けている。しかしライバルメーカーもそれを黙って見ていたわけではない。ここ数年でポルシェ・パナメーラやアウディA7スポーツバック、アストン・マーティン・ラピードといったコンペティターが現れ、この3月にはジュネーブ・モーターショーでBMW6シリーズ・グランクーペがワールドプレミアとなっている。

しかしメルセデス・ベンツはこのような状況をおそらく見越していたのだろう。同社はCLSクラスにワゴンボディを組み合わせたシューティングブレーク・バージョンのコンセプトカーを2010年に北京モーターショーで公開し、ポジティブな市場からの反応を受けて開発をスタートした。

それからおよそ2年が経った先日、我々のスクープ班はドイツのニュルブルクリンクで「X218」という社内開発コードを持つそのCLSシューティングブレークのプロトタイプに遭遇した。このプロトタイプはリアまわりにカモフラージュが施されているが、フロントウインドーの上部から大きく寝かされたリアゲートにかけて、既存の4ドア・クーペよりボリュームが与えられている。だがこれに合わせてサイドウインドーも後方に引き延ばされた形状になっているため、サイドビューは伸びやかな印象だ。また新デザインのフロントバンパーがスポーティで引き締まったアピアランスを演出している。


おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら