サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > さようなら平成のFR、現行BMW 1シリーズにお別れちょい乗り

ここから本文です

さようなら平成のFR、現行BMW 1シリーズにお別れちょい乗り

現行の親しみやすさに対して新型1シリーズの魅力は?

足回りは終始硬めでしたが、電子制御のアダプティブMサスペンションゆえでしょうか、ホールドのいいシートと併せて、腰にドシンとくるような不快な衝撃は上手く吸収してくれているようでした。しかし、前席はいいのですが、後席に座ってみるとやはりちょっと家族の評判としては、あまり前向きなものとはならなさそうな印象ではありました。

エンジンは言うまでもなく、BMWの6気筒ですから、本当に回ってるの? というくらいスムーズに軽く吹け上がります。ちょっとスムーズすぎてつまらない、という贅沢すぎる意見も出てきそうです。また、エンジン音もかなり静かで、6気筒の音を堪能するには窓を開けて周りにクルマのいない状況が望ましいと感じました。

実は、マイナーチェンジ前の“たれパンダ顔”時代の1シリーズのオーナーだったこともある編集ですが、Aピラーが太目で、交差点で視界が遮られたり、安全・快適装備が物足りなかったり、リアシートはやっぱりちょっと狭く感じたりと、いろいろ物足りないところもありつつ、そこも笑って許せる愛嬌(たれ目の顔含めて)があり、個人的に苦手だった長距離移動も快適な時間に変えてくれた、頼もしくも愛着を感じられる存在でした。

あらためて現行1シリーズに乗ってみると、もちろん元愛車とはエンジンの気筒数もパワーもトルクも全然違うのですが、全長4340mm、車幅1765mmという使いやすいボディサイズや、豪華すぎないインテリア、気軽に使えそうな素っ気ないラゲッジなど、ハッチバックモデルとしての親しみやすさを再確認できたちょい乗りとなりました。

平成のFRから、令和のFFへ。BMWにとって、“最初のコンパクトFFハッチバック”となる、次期1シリーズがどんな魅力をまとって登場するのか、期待と不安を抱きつつ、楽しみにその登場を待ちたいと思います。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します