サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型コルベットは初のミッドシップとは思えない完成度。FRをやめた理由とは何か?

ここから本文です

新型コルベットは初のミッドシップとは思えない完成度。FRをやめた理由とは何か?

FRレイアウトの開発はすでに限界を迎えていた

東京オートサロン2020で行なわれたジャパンプレミアが大きな話題を呼んだ新型「シボレー コルベット」。通算8世代目にしてFRレイアウトに別れを告げ、ミッドシップスポーツカーへと変貌を遂げたのだから、従来のファンならずとも気になるはずのこの注目作を、日本上陸よりひと足先にテストする機会に恵まれた。初のグローバルテストドライブの舞台に選ばれたのはアメリカ ラスベガスだ。

往年のファンからは否定的な声も聞こえる一方、新しいファンからの歓迎の声も小さくない、要するに話題騒然のミッドシップ化は、コルベットを更に進化させるためには必然だったという。FRレイアウトの開発はすでに限界を迎えており、コルベットを進化させるには、もはやこの方法しか無かったというのが開発陣の言い分である。

そして実際、新型コルベットは最高出力495hpのノーマルエンジンにZ51パッケージを装着した車両で、0-60mph(96km/h)加速2.9秒という驚速ぶりを実現した。この数値は、最高出力650hpのスーパーチャージド・ユニットを搭載した先代Z06の同2.95秒をわずかに凌ぐ。もちろん要因は絶大なトラクションだけではないにしても、そのアドバンテージは明らかと言えるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します