サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ロードスターの30周年を祝うマツダブースは歴代ロードスターの玉手箱状態

ここから本文です

ロードスターの30周年を祝うマツダブースは歴代ロードスターの玉手箱状態

ロードスター20周年記念車を見て時代の節目を体感する

10周年記念車に続いてご紹介するのは、2009年登場の「ロードスター20周年記念車」です。こちらのカラーは一転してホワイトで、今回会場に展示されていたパワーリトラクタブルハードトップの他に、ソフトトップも用意されていました。

ベースは3代目のNC型で、内装は赤と黒のコンビネーション。シートはRECARO社製のバケットシートとなります。ここまで、初代、10周年記念車(2代目)と見比べてみると、その膨張色であるホワイトのボディカラーのせいだけでなく、ぐっとサイズも大きくなり、時代がライトウェイトスポーツに要求するものが多くなってきた時期だったんだなと感じました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します