サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ロードスターの30周年を祝うマツダブースは歴代ロードスターの玉手箱状態

ここから本文です

ロードスターの30周年を祝うマツダブースは歴代ロードスターの玉手箱状態

30周年記念車はソフトトップとRHTモデルで限定販売を予定

続いて、もう一台の目玉というか、マツダ的には一番の目玉である、「ロードスター30周年記念車」です。

初代ベースのコンセプトカー「クラブレーサー」のブライトイエローにインスパイアされたというレーシングオレンジという陰影のキレイなカラーにペイントされた30周年記念車は、ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3000台限定で販売を予定。ステージ上のモデルのリアフェンダー前にあるシリアルプレートを見ると、“0000/3000”となっていて、マツダのちょっとした遊び心を感じさせます。

インテリアはドアパネルやハンドル、シフトのステッチ、シートのパイピングなどに、ボディカラーと同じオレンジが使われていて、オープンにした時の一体感を演出しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します