サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > メルセデス・ベンツEQAに試乗 EQブランドのエントリーモデルの走りは?

ここから本文です

メルセデス・ベンツEQAに試乗 EQブランドのエントリーモデルの走りは?

メルセデス・ベンツEQAに試乗 EQブランドのエントリーモデルの走りは?

メルセデスベンツ EQA 250

メルセデス・ベンツの日本国内発売BEV第2弾

2021年6月上旬、東京都内にてメルセデス・ベンツ「EQA 250」に編集が短時間試乗できましたのでレポートします。

EQAは2021年4月26日に国内発売された電気自動車(BEV)で、先に発売された「EQC」に続く、メルセデス・ベンツのEV専用ブランド「EQ」の第2弾となるCセグメントモデルです。

BEVで同セグメントのライバル車には日産「リーフ」、マツダ「MX-30」、レクサス「UX300e」、テスラ「モデル3」などがありますが、今後は日産「アリア」やトヨタとスバルの共同開発車、フォルクスワーゲン「ID.3」など、続々と新型車の登場が予定されている人気のカテゴリーです。グレードは「EQA 250」のみで、充電時間は急速(50kW)で約1.3時間、航続距離はWLTCモードで422km、価格は640万円。メルセデスベンツのラインナップとしては比較的エントリー向けのモデルとなっています。

EQAのエクステリアデザインは、ベースモデルの「GLA」とプロポーションに大きな変化はありませんが、フロントグリルはスリーポインテッドスターが中央にレイアウトされたフラットなブラックパネルグリルになり、ワイド感のあるLEDライトがフロントとリアに配置されています。標準仕様では空力が追求された18インチの5スポークアルミホイールを装備。47万2000円のパッケージオプション「AMGライン」では細いスポークが数多く並ぶデザインの20インチアルミホイールが標準となります。対話型インフォテインメントシステムMBUXはGLAをベースにEQA用にカスタマイズされ、充電スポット検索や走行可能距離を音声やジェスチャーが確認できます。

用意された試乗車はAMGラインのパッケージオプションが装備されたEQA A250。引き締まって見えるフロントスポイラーやサイド、リアスカートを装備し、20インチのアルミホイールが目を引くAMGラインは、アジャスタブルダンピングシステムが装備されたスポーツサスペンションが装備されます。ドライブモードは「エコ」「コンフォート」「スポーツ」と、項目別に詳細設定ができる「インディビジュアル」が用意され、走りや状況に応じてアクセルレスポンスやステアリングアシスト量、ダンパーの減衰力などが変化します。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します