サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミニ クロスオーバーは走りの質感の高さが印象的。後席の乗り心地は要チェック

ここから本文です

ミニ クロスオーバーは走りの質感の高さが印象的。後席の乗り心地は要チェック

ミニ クロスオーバーは走りの質感の高さが印象的。後席の乗り心地は要チェック

ミニ クロスオーバー クーパー SD ALL4

ミニ伝統のオシャレ感はさすがだが価格はそれなり

「かわいいクルマ」と言えば、誰もが思い浮かべるのが「ミニ」ではないだろうか。くりっとした丸い目に、ころんとしたボディ。一目見て、誰もが「ミニだ!」と認識できるアイコンがボディ全体を包んでいる。

ただ、ミニは、可愛いクルマの象徴として、飽和状態になりつつある気がする。デザインは可愛いけれど、自分が購入するには「狙い過ぎているかな……」とか「価格も高いし、もっと他に良いモデルがあるのでは……」とつい考えてしまうというか。

そこで気になるのが、ミニからちょっとハズしたモデルの「ミニ クロスオーバー」。ミニ クロスオーバーは5ドアのSUVで、可愛らしさにたくましさもプラスされて、荷物もしっかり入るし使い勝手も良さそう。これなら少しミニを斜めから見ていた(私のような)人たちも、選択肢に入るのでは? そんな思いもあって、今回じっくりミニ クロスオーバーを試乗してみることにした。

今回の試乗車は、「ミニ クロスオーバー クーパー SD ALL4」。ディーゼルモデルは2種類あり、ハイパワー版がこのクーパーSD(190ps/400Nm)だ。

ミニ クロスオーバーは、エクステリアやインテリアなどの組み合わせが充実していて、どのカラーリングもおしゃれで素敵。デザインについては、オーナーのこだわりを反映できるところも大きな魅力だ。

試乗車もドアを開けた時から「わぁ~!」とはしゃいでしまうほど、しつらえのクオリティの高さやおしゃれなカラーリングに目を奪われる。「こういうクルマが家にあったら、毎日運転するのが楽しみになるだろうな」と容易に想像できる。

ミニだと荷室は小さく、フル乗車で旅行する時には工夫が必要かもしれないが、ミニ クロスオーバーは、荷室容量も450L~1390Lと広々しているし、後席を倒すとフラットになるから、使い勝手もいい。クルマを所有する満足感だけではなく、しっかり使える道具感があるのもミニ クロスオーバーの良いところ。

ただ、輸入車ゆえ価格は高め。ディーゼルモデルはガソリンモデルよりも価格は高いし、さらに上級モデルの「クーパー SD」になると、車両本体価格が510万円スタートとなかなかの高級車になる。他の輸入SUVと比較すると、同価格帯に入ってくるのはメルセデス・ベンツ「GLB」やアウディ「Q3」、BMW「X2」など。どれも実用性も完成度も高いモデルだが、自分らしさや唯一無二の個性を求めるとしたら、ミニ クロスオーバーはそれらモデルの中でも、選ぶ価値のあるモデルだと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します