サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ポルシェ、4リッターフラット6を採用した718スパイダーと718ケイマンGT4を発表

ここから本文です

ポルシェ、4リッターフラット6を採用した718スパイダーと718ケイマンGT4を発表

独ポルシェは6月18日、2シーターミッドシップスポーツ「718」ファミリーに、高出力モデル「718スパイダー」および「718ケイマンGT4」を設定し、発表した。

718ファミリーは、オープントップの「718ボクスター」とフィクスドルーフを持つ「718ケイマン」からなるが、今回、それぞれにパワーユニットを6気筒自然吸気ユニットに置き換えたピュアスポーツが加わる。

このうち718スパイダーは、ボクスターの電動ルーフを手動式幌に置き換えるなど、軽量化を徹底したハードコアモデル。ボクスターシリーズとしては3代目のスパイダーとなるが、今回初めて、電動格納式リアウイングを装備したほか、ケイマンGT4と共通のシャシーを採用し、さらなる低重心化も実現した。

一方の718ケイマンGT4は、エアロダイナミクスが特徴の公道向けGTマシンだ。スペース効率の高いシングルチャンバーサイレンサーによって装備可能となったリアディフューザーと、固定式リアスポイラーは先代比50%増となるダウンフォースを発生。さらに、フロントセクションには前輪付近へエアフローを導くエアカーテンも備える。

両モデルに共通となる911由来の4リッターフラット6は、8,000回転まで許容するNAらしい高回転型の味付けがなされ、420psの最高出力を発生。これは先代モデルからスパイダーで45馬力、GT4で35馬力のパワーアップとなり、0-100km/h加速はどちらも4.4秒。なお最高速度は718スパイダーが301km/h、718ケイマンGT4は304km/hと公表された。

また、ボクサーサウンドはそのまま、低負荷時に2気筒を休止するアダプティブシリンダーコントロールも搭載し、約9.2km/Lという良好な燃費も達成した。組み合わされるトランスミッションは両モデルとも6速MTのみで、ケイマンGT4にはサーキット向けにロールバーや消化器などをパッケージにしたクラブスポーツ仕様も用意される。

ベースモデルの4気筒が持つ軽快なフィーリングも魅力だが、長年のファンの中にはフラット6によりポルシェらしさを感じる向きも多いだろう。この2台がそうしたファン垂涎のモデルとなることは間違いないだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します