サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 硬派なメカを内に秘めた新型ジープ ラングラーは奥様も納得の乗り心地

ここから本文です

硬派なメカを内に秘めた新型ジープ ラングラーは奥様も納得の乗り心地

2月の冷たい雨降る某日、毎年恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が神奈川県・大磯プリンスホテルで開催されました。carview!編集チームが短時間ながらも見て、触れて、試乗してきた、全22ブランドのさまざまな試乗車の中から、注目のモデルをご紹介します。

昨年2018年11月、11年ぶりにフルモデルチェンジしたジープの新型ラングラー。今回試乗したのは、その発売を記念した特別仕様車「ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション」です。

ローンチエディションの専用色「パンプキンメタリックC/C」という、ほんわかカボチャ色を纏った新型ラングラーは、丸目のライトと全体的に角が取れて少し丸みを帯びたスタイリングと相まって、雨の中でも癒し系なほんわかオーラを放っています。ちなみにお値段は530万円。

さっそくステップに足をかけ、乗り込んでみたわけですが、最初にドアを開けて閉めた瞬間「ん?」、アクセルをひと踏みした刹那「あれ?」、ハンドルひと切りして一言、思わず「普通じゃん!!」と声を上げてしまいました。先代の武骨な記憶に身構えていた分、あまりに軽く、ゆったりとした乗り心地に肩透かしをくらったような感覚。誤解を恐れずに言えば、ちょっと昔のトヨタの中型セダンに乗っているような錯覚さえ抱いたのです。

新型ラングラーのステアリング機構は、一般的なラック・アンド・ピニオン式ではなく、歴代ラングラーが採用するリサーキュレーティング・ボール式という耐久性が高いクロカン向けの機構のままですし、サスペンションも伝統のリジッドアクスルのまま。

しかしその味付けは、先代ラングラーをたまに運転しては辟易していた奥様も、鼻歌交じりにちょっと遠回りしてお家に帰りたくなるのではと、妄想してしまうほど。国内のメインの使用環境であろう“街中のオンロード”では、硬派な側面をそっと内に秘めて、家族を思いやれるクルマになったと言えるのではないでしょうか。

それを軟派になったと言うのは簡単ですが、アイデンティティを構成している伝統のメカニズムなど、硬派な部分はそのままに、現代を生き抜くスマートなマナーを身につけた新型ラングラーには、先代ユーザーのみならず、新規の顧客もほいほい取り込まれてしまいそうな、そんな気配を感じたのでした。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します