サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 6シリーズ グランクーペ BMWの新たな方向性

ここから本文です

6シリーズ グランクーペ BMWの新たな方向性

BMWが進むべきランドマーク

完成された美しい4ドアクーペに見入っていると時間が立つのも忘れがちだ。BMW6シリーズ グランクーペのデザイナーは「カッコ良いだけではだめで、機能を正さないと」と自らを戒めながらデザインしたと説明する。

グランクーペはクーペスタイルの6シリーズの一員だが、5や7シリーズのセダン機能も持たせる必要がある。どうしても中途半端になりやすい難しいデザインなのだ。そのためデザイナーは、パッケージやボディを担当する設計部門と膝を突き合わせて入念に仕事を進めてきた。グランクーペは決して派生車種ではなく、長い間BMWが作りたかったひとつの完成型なのである。その意味では、ドライバーズカーをコアコンピタンスとするBMWにとって、グランクーペこそ、これからのBMWが進むべきランドマークなのかもしれない。

この魅力的な4ドアクーペを走らせたのはシチリア島だ。南イタリアとアフリカ大陸との間に浮かぶシチリアはイタリアマフィアで知られるが、歴史的には地中海の東西南北が行き交う重要な交易の交差点でもあった。塩の産地とも知られ、財を成した大金持ちもいる。有名なのは70年代に開催されていたクラシックレースの「タルガフローリオ」で知られるフローリオ家だ。ポルシェとフェラーリのバトルはあまりにも有名である。

狭く、荒れた舗装ではいやおうなしにタイヤが滑る。ガードレールもない断崖絶壁のワインディングは美しい景色と、身の毛もよだつ恐怖の両方を味わわせてくれるのだ。だが、極めて正確なステアリングを持つBMWのダイナミクスなら朝飯前。シチリアで試乗できたのはガソリンとディーゼルの6気筒で、4WDと組み合わされるV8が用意されていなかったのは残念だ。なお、エンジンやシャシーは先に登場した6シリーズと基本的には共通である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら