サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アウディRS4アバント、2.9L V6ターボへの換装で走りはどう変わった?

ここから本文です

新型アウディRS4アバント、2.9L V6ターボへの換装で走りはどう変わった?

新型アウディRS4アバント、2.9L V6ターボへの換装で走りはどう変わった?

アウディ RS4アバント

2.9L V6ターボを新採用。排気量ダウンを思わせない力感

こうして、様々な見どころが用意される新しいRS4アバント。しかし、そうした中でも最大の話題となるのは、「心臓部が完全に刷新された」という点にあるのは間違いない。先代、先々代と、高回転型の自然吸気4.2リッターV8ユニットが搭載されたRS4アバント。しかし、最新モデルに搭載されるのは2.9リッターのV6と、”ダウンサイズ”と”レスシリンダー化”が図られた一方で、Vバンクの内側に新たに2基のターボチャージャーが配された新開発のエンジンだ。

450psという最高出力は同データながら、600Nmの最大トルク値は従来型のそれを170Nmも上回る。当然動力性能は圧巻で、0-100km/h加速の4.1秒というタイムは、まさにスーパースポーツカーのレベルにある。

スペイン南部の都市、マラガの中心を基点に開催された国際試乗会でテストドライブをしたのは、電子制御式の可変ギア比メカを備えたステアリングや、増速機構を持つリアのトルクベクタリングシステム、電子制御による可変減衰力ダンパーなどから成るRSダイナミック・パッケージや、RSスポーツエグゾーストシステムなどをオプション装着したモデル。

まずはやや混雑した街中の道へと身を投じると、そこで得られるトルク感は常に十分。8速ステップATのきめ細かでスムーズな変速のお陰もあって、排気量ダウンを意識させられることのない走りの力感が好印象だ。高速道路へと乗り込み、アクセルペダルをやや深く踏み込んでも、溢れ出るようなゆとりのパワー感に変わりはない。従来型が備えていたエンジン回転数の上昇と共に高まる、加速の高揚感がやや薄れたように思えるのは事実。一方で新型が手に入れたのは、ダウンシフトに頼る必要のない低中回転域での厚いトルクと、絶対的な加速力というわけだ。

フットワークは基本的に硬派な味付け。”RS”というネーミングには相応しいかも知れないが、特に後席でより顕著な揺すられ感は、ゲストとして乗せられた人には歓迎されないかも知れない。一方で、凹凸に差し掛かっても跳ねることのない、サスペンションがきっちりストロークをして生み出す路面を問わない接地感の高さには感心。今回は設定ルートの関係上、大きな横G領域を試すようなシーンはなかったものの、「この仕上がりなら是非ともサーキットを走ってみたい!」と、そう思わされた最新のRS4アバントだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します