サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スープラ・多田CEが語る、4気筒の魅力、MTがない理由、ドリフトしにくい理由

ここから本文です

スープラ・多田CEが語る、4気筒の魅力、MTがない理由、ドリフトしにくい理由

一般道の軽快感なら4気筒、スープラらしさなら6気筒

新型「トヨタ GR スープラ」がワールドプレミアを果たした北米国際自動車ショーの会場で、開発を担当したトヨタGR開発統括部チーフエンジニア・多田哲哉氏に新型スープラについて聞いた。

Q. エンジンが3種類用意されていますが、それぞれのキャラクターはどう違いますか?

A. スープラのヘリテージは直列6気筒エンジンであり、それをメインに開発をしてきましたが、4気筒エンジンには4気筒ならではの良さがあります。第一に挙げるとしたら軽いことです。新型スープラは前後重量配分が50対50を謳っていますが、完全に50対50を具現化しているのは4気筒モデルです。

6気筒は若干ではありますがフロントヘビーで、ドライバーが乗った状態で50対50になります。対して4気筒はフロントが軽いこともあり、乗ってみるとフロントが軽快に動くのを実感できると思います。とりわけワインディングの下りなどでは4気筒の方が楽しい。6気筒のパワーは、一般道でのドライビングでは使い切れない部分もありますし、一般道でクルマの軽快感を楽しむのであれば4気筒の方が面白いかもしれません。

一方、本来の“スープラらしさ”という意味で、絶対的なパワーやエンジンサウンドを楽しむのであれば、やはり6気筒ということになります。このようにキャラクターが分かれていて、お客様がチョイスできることは良いことだと思います。足回りとかタイヤ、ブレーキといった主要コンポーネントに関しては一切差別・区別をしていませんし、どのエンジンを選んでいただいても同じパフォーマンスを提供できる仕様にしています。

次のページ>>MTでもDCTでもなく、トルコンATを選んだ理由

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します