サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 7月5日発売。新型ポルシェ 911の進化は見た目の違いよりも意外と多いようです

ここから本文です

7月5日発売。新型ポルシェ 911の進化は見た目の違いよりも意外と多いようです

全モデルにワイドボディを採用し前後トレッドを拡大

新型ポルシェ 911が、日本国内で7月5日より発売されることとなりました。

8代目となるポルシェが自ら言うところの“スポーツカーのアイコン”であり、992型と呼ばれることになる新型「911」は、全モデルでワイドボディを採用。前輪、後輪共にトレッドを拡大しつつ、リアホイールを大型化することで、ロードホールディング性能を向上させています。

先代991型から積極的にボディへアルミなどの軽量素材を導入したポルシェは、新型でもアルミなどを多用し、拡大したボディに関わらず、ボディ単体重量で12kg軽い240kgとしました。軽量化を果たしつつも、ボディの曲げ剛性、ねじれ剛性はそれぞれ5%向上しているそうです。

3.0リッターの水平対向6気筒エンジンは、ターボチャージャーを大型化。高められた過給圧と吸排気系の効率アップなどにより、先代を最高出力で30ps、最大トルクで30Nm上回る450ps/6500rpm、530Nm/2300~5000rpmというスペックを発揮しています。組み合わされるトランスミッションは初採用となる8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)で、全モデルに標準装備となっています。

次のページ>>世界初のウェットモード採用で雨の日も怖くない911に

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します