サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スカイライン200GT-t、話題のエンジンの評価は?

ここから本文です

スカイライン200GT-t、話題のエンジンの評価は?

スカイライン200GT-t、話題のエンジンの評価は?

スカイライン 200GT-t Type SP

十分に意のままの加速を楽しめる

まずはそのエンジンの印象から言えば、ハードとしての完成度は高く、情緒的にも悪くないものに仕上がっていると思う。最高出力211ps/5500rpm、最大トルク350Nm/1250-3500rpmというスペックにも表れているように、狙いはトップエンドのパワーよりも実用域のトルクであるこのエンジン、走り出した瞬間から十分な力を得られ、軽やかに加速できる。ハイブリッドモデルより120kg軽い車重も、そんな印象を後押ししているのだろう。

そのまま回していってもトップエンドまでスムーズさが失われることはないが、かと言って特にドラマが起きるわけではない。低中速域からの勢いで車速は伸びていくが、エンジン特性自体はフラット。エンジンとともにダイムラーから供給される7速ATには、GT-R用と同形状のステアリングコラム固定式のパドルシフトが備わるが、敢えてこれを弾いて高回転域を使おうという衝動に駆られることは無かった。ネガティヴな意味ばかりではなく、変速はクルマ任せでも十分に意のままの加速を楽しめるということだ。

前述の通り、ほぼ同じエンジンがメルセデス・ベンツCクラス、Eクラスなどに積まれているが、それら全体の印象と較べると、スカイライン用はアクセル操作に対するツキが良くなっているように感じられた。しかもその車体は不快な騒音や振動をうまく遮断していて、走りには十分な上質感も演出されていた。但し、アイドリングストップからの再始動時の振動はかなり大きめ。エンジンマウントが相当柔らかいのかもしれない。総じて見れば、今の時代に相応しい洗練された速さがそこにはある。「スカGターボ」的な刺激を期待すると肩透かしを喰うかもしれないけれど……。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら