現在位置: > > > > 新型・現行モデルのカタログ情報

日産 スカイライン 新型・現行モデルのカタログ情報ページ

日産 スカイライン 新型・現行モデルのカタログ画像

ハイブリッドスポーツとして登場

スカイラインの誕生は1957年に遡る。その長い歴史の中で、3代目「ハコスカ」や、4代目「ケンメリ」、5代目「ジャパン」などの愛称で、時代時代で熱心なファンを獲得してきた。13代目となるV37型の登場は2013年。エンジンは2.5LのV6と、3.5LのV6に1モーター2クラッチ方式のハイブリッド、そして2014年に追加となった2L直4ターボの3種類。ハイブリッドと2.5Lモデルには、4WDも用意される。また、機械的なシャフトを介さずステアリング操作を電気信号に変換して操作する、先進的なステアリングバイワイヤ技術がハイブリッドモデルに搭載されている。(2016.3)

軽・コンパクトカーランキング

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

carview!マイカーページ

他とは違う“洗練”のディーゼル アウディ Q5 TDIに乗った

2018年ミニバン販売台数No.1!日産セレナが選ばれる理由とは?

日産 スカイライン 2017年12月マイナーチェンジ グレード一覧

現行 表の見方 表の見方
グレード 2.0 200GT-t(AT) 2.0 200GT-t タイプP(AT) 2.0 200GT-t タイプSP(AT) 3.5 350GT ハイブリッド(AT) 3.5 350GT ハイブリッド タイプP(AT) 3.5 350GT FOUR ハイブリッド(AT) 3.5 350GT FOUR ハイブリッド タイプP(AT) 3.5 350GT ハイブリッド タイプSP(AT) 3.5 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP(AT)
比較 比較表に追加
税込価格 新車価格 416.5万円 443.3万円 471.3万円 495.5万円 522.4万円 523.6万円 550.5万円 556.0万円 584.1万円
基本情報 発売年月 2017年12月 2017年12月 2017年12月 2017年12月 2017年12月 2017年12月 2017年12月 2017年12月 2017年12月
駆動方式 FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) 4WD(四輪駆動) 4WD(四輪駆動) FR(後輪駆動) 4WD(四輪駆動)
車両形式 DBA-YV37 DBA-YV37 DBA-YV37 DAA-HV37 DAA-HV37 DAA-HNV37 DAA-HNV37 DAA-HV37 DAA-HNV37
トランスミッション 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT 7AT
エンジン区分 ガソリン車 ガソリン車 ガソリン車 ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4815×1820×1450mm 4815×1820×1450mm 4815×1820×1450mm 4815×1820×1440mm 4815×1820×1440mm 4815×1820×1450mm 4815×1820×1450mm 4815×1820×1440mm 4815×1820×1450mm
室内長×室内幅×室内高 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm 2000×1480×1180mm
ホイールベース 2850mm 2850mm 2850mm 2850mm 2850mm 2850mm 2850mm 2850mm 2850mm
最低地上高 120mm 120mm 120mm 130mm 130mm 120mm 120mm 130mm 120mm
車両重量 1670kg 1680kg 1690kg 1780kg 1790kg 1860kg 1870kg 1810kg 1890kg
乗車定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名
シート列数 2列 2列 2列 2列 2列 2列 2列 2列 2列
ドア数 4枚 4枚 4枚 4枚 4枚 4枚 4枚 4枚 4枚
グレード 2.0 200GT-t(AT) 2.0 200GT-t タイプP(AT) 2.0 200GT-t タイプSP(AT) 3.5 350GT ハイブリッド(AT) 3.5 350GT ハイブリッド タイプP(AT) 3.5 350GT FOUR ハイブリッド(AT) 3.5 350GT FOUR ハイブリッド タイプP(AT) 3.5 350GT ハイブリッド タイプSP(AT) 3.5 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP(AT)
エンジン 種類 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC V型6気筒DOHC V型6気筒DOHC V型6気筒DOHC V型6気筒DOHC V型6気筒DOHC V型6気筒DOHC
エンジン形式 274A 274A 274A VQ35HR VQ35HR VQ35HR VQ35HR VQ35HR VQ35HR
過給器 ターボ ターボ ターボ なし なし なし なし なし なし
総排気量 1991cc 1991cc 1991cc 3498cc 3498cc 3498cc 3498cc 3498cc 3498cc
使用燃料 ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 80L 80L 80L 70L 70L 70L 70L 70L 70L
性能 燃費 13.0km/L 13.0km/L 13.0km/L 17.8km/L 17.8km/L 17.0km/L 17.0km/L 17.8km/L 16.8km/L
最高出力 211ps(155kw)/5500rpm 211ps(155kw)/5500rpm 211ps(155kw)/5500rpm 306ps(225kw)/6800rpm 306ps(225kw)/6800rpm 306ps(225kw)/6800rpm 306ps(225kw)/6800rpm 306ps(225kw)/6800rpm 306ps(225kw)/6800rpm
最大トルク 35.7kg・m(350N・m)/3500rpm 35.7kg・m(350N・m)/3500rpm 35.7kg・m(350N・m)/3500rpm 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm
パワーウェイトレシオ 7.914692kg/ps 7.9620852kg/ps 8.009479kg/ps 5.816993kg/ps 5.8496733kg/ps 6.0784316kg/ps 6.111111kg/ps 5.915033kg/ps 6.1764708kg/ps
最小回転半径 5.7m 5.7m 5.7m 5.6m 5.6m 5.7m 5.7m 5.6m 5.7m
動力伝達・走行装置 タイヤ 225/50RF17 225/50RF18 245/40RF19 225/55RF17 225/50RF18 225/55RF17 225/50RF18 245/40RF19 245/40RF19
ブレーキシステム(前) Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式
ブレーキシステム(後) Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式 Vディスク式
サスペンション(前) ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン ダブルウイッシュボーン
サスペンション(後) マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式 マルチリンク式

日産 スカイライン 試乗記・記事一覧

日産 スカイラインの記事をもっと見る

日産 スカイライン ニュース一覧

日産 スカイラインのニュースをもっと見る

日産 スカイライン 口コミ

4.1
  • 日産 スカイライン グレード:200GT-t タイプP(AT_2.0) 2017年式

    投稿日:2019年1月26日 投稿者:よしうん さん 乗車形式:愛車 総合評価: 4.0
    R32から乗り始めて、通算4台目のスカイラインです。 スカイラインも高くなりましたが、落ち着いていてとても良い車だと思います。 [ 続きを見る ]
  • 日産 スカイライン グレード:250GT タイプ S(AT_2.5) 2010年式

    投稿日:2019年1月22日 投稿者:かつa さん 乗車形式:愛車 総合評価: 4.0
    スポーティーカーと分かっていて買う車。ドライバーの意のままに車が走り、曲がり、止まることが重点に置かれています。同じV6エンジンを搭載しているマークXやクラウンとは方向性が違うため万人受けはしないタイ... [ 続きを見る ]
  • 日産 スカイライン グレード:200GT-t タイプP(AT_2.0) 2017年式

    投稿日:2019年1月20日 投稿者:青い血 さん 乗車形式:試乗 総合評価: 2.0
    実は私のカーライフが、サニークーペ、ガゼール、シルビアという、日産3台からスタートしたこともあって、当時の私の憧れはスカイラインだった。 結婚して子供を作ることになったため、4ドア人生に移行することに... [ 続きを見る ]
  • 日産 スカイライン グレード:2000GT 1972年式

    投稿日:2019年1月17日 投稿者:Car Shop GOODS さん 乗車形式:愛車 総合評価: 5.0
    目立つのでそれなりです [ 続きを見る ]
  • 日産 スカイライン グレード:370GT Type P(AT_3.7) 2008年式

    投稿日:2019年1月6日 投稿者:fwik8722@gmail.com さん 乗車形式:愛車 総合評価: 3.0
    V36 250GT TYPE-PからV37 350GT TYPE-Pハイブリットと乗り継いでいます。運転し易く不満な点以外は気に入っています。 [ 続きを見る ]

日産 スカイラインの口コミをもっと見る(1653件)

日産 スカイライン みんなの質問

  • 回答受付中 日産スカイラインGTR R34が25年ルールが免除されるのは何年ですか?

    • 質問した人:ID非公開さん
    • 更新日時:2019-02-23 22:00
      回答数:1 閲覧数:3
    [ 続きを見る ]
  • 投票受付中 日産のスカイラインGT−RのR35に詳しい方 今日見かけたR35のリアバンパーを見たら、バンパー下の方に赤ピンク...

    赤ピンクのラインが入ってました。これが噂のNISMOですか。大きなウイングは付いてま せんでした。
    • 質問した人:qhkomさん
    • 更新日時:2019-02-23 18:02
      回答数:2 閲覧数:41
    [ 続きを見る ]
  • 解決済み 日産スカイライン、又はFUGAとトヨタの新型クラウン、どちらがいいですか?

    個人的には日産のデザインはダサいとしか思えないのでどんなに性能が良くても買わない。 ということで残るのはクラウンということになる。
    • 質問した人:ID非公開さん
    • 更新日時:2018-11-14 03:22
      回答数:11 閲覧数:294
    [ 続きを見る ]
  • 解決済み 日産スカイラインの中古車ってなんで走行距離が少ないのばかりなんですか?スカイラインの250GTを中古車で購入検討...

    購入検討中なんですけどスカイラインに限らず、中古車の選び方もあまりわからず、、走 行距離が少ないからいい!!って訳でもないのかなー。と思います。少ない方がいいんでしょうけど 中古車走行距離などで検索すると10万キロ超えてても大丈夫みたいなことも書いてあるんです...
    • 質問した人:yesmeruさん
    • 更新日時:2019-01-19 23:49
      回答数:3 閲覧数:48
    [ 続きを見る ]
  • 解決済み 日産スカイラインといえば、こういう「丸型テールライト4灯」のイメージの方が大きいのでは? フルモデルチェンジ...

    フルモデルチェンジの度にそれをなくされると多くのユーザーが不満を持つようになるのは時間の問題では?
    • 質問した人:kankichi_ryotsu_kochikame7さん
    • 更新日時:2019-02-04 20:37
      回答数:4 閲覧数:30
    [ 続きを見る ]

日産 スカイライン のみんなの質問をもっと見る(2855件)

日産 スカイライン 中古車相場推移表

日産 スカイライン
平均価格 250.6万円
平均走行距離 37,506km

平均値を表示しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー