現在位置: carview! > 新車カタログ > 日産(NISSAN) > スカイライン > 専門家レビュー・評価一覧 > スポーツと先進性という軸はブレていない

日産 スカイライン 「スポーツと先進性という軸はブレていない」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

橋本 洋平
橋本 洋平
自動車ジャーナリスト
評価

5

デザイン
4
走行性能
5
乗り心地
3
積載性
3
燃費
4
価格
4

スポーツと先進性という軸はブレていない

2021.10.29

年式
2014年6月〜モデル
総評
いつの時代もスポーティなだけでなく、先進性も備えていたこと、これがスカイラインらしさではないだろうか? V6エンジンに移行して以来、ファンが納得していないところもあるようだが、そうした固定観念を抜きにしてこのクルマを見ると、このクルマはやはりスカイラインの伝統を守り続けているように感じる。
満足している点
3D高精度地図データとGPS情報、そして7個のカメラと5個のレーダーと12個のソナーで周囲を検知しながら、高速道路ではハンズオフドライブを可能にしてくれるプロパイロット2.0は、ドライブの疲労度を大幅に軽減してくれる。トンネルや高架下などではハンズオフが解除されるが、その際にも手をそっと添えるだけできちんとクルマを導いてくれるから安心だ。
不満な点
アピールポイントであるはずのプロパイロット2.0がハイブリッドモデルにしか選択できないこと、これが残念でならない。スポーツセダンとしての魅力を持つ400Rとプロパイロット2.0が組み合わされたならどんなに良いか。次なる一手に期待したい。
デザイン

4

様々なボディ形状にトライしたこともあるスカイラインだが、最終的に現在でも残るのはセダンだったスカイライン。エンジン形式も直6からV6へと変貌を遂げ、ロングノーズ感は減ってきたが、相変わらず無駄のない低く構えた姿勢が走りを予感させるスタイルだ。伝統の丸形テールもわずかだが継承されていることもあり、一目でスカイラインと理解できる。
走行性能

5

ハイブリッドモデルも存在するが、その一方で400RというV6ツインターボモデルも準備し、スポーツカー顔負けの動力性能を身に着けているところは、さすがはスカイライン。このエンジンは次期Zにも搭載されることも約束されているといえば、どれだけ本気かが理解できるだろう。400Rはまさに羊の皮を被った狼といえる走りがある。
乗り心地

3

400R以外のモデルはプレミアムスポーツセダンとしてのマナーある乗り心地が展開されているが、やはり400Rはかなり引き締められた傾向であり、荒れた路面や高速道路の継ぎ目などでは突き上げ感がかなり高い。運動性能を重視したセッティングであることは覚悟しておいたほうが良いだろう。
積載性

3

ガソリンエンジンのモデルに関してはトランクの奥行もあり、さらにトランクスルーもあるため容量はかなり大きい部類だが、注意しなければならないのはハイブリッド。トランクの奥にバッテリーを搭載しているため、奥行きが無くトランクスルーもない。
燃費

4

WLTCモードで12.4km/Lを実現するハイブリッドモデルであれば、このクラスのセダンとしてはまずまずの数値。とはいえ、ガソリン車はV6ターボモデルも400Rも10km/Lと大健闘。スポーツカー顔負けの走りがあるなら、この燃費でも十分といえるのではないだろうか?
価格

4

トップグレードのハイブリッド・Type SPは600万円オーバー。注目の400Rも約560万円といずれも高価。だが、エントリーモデルは約435万円とリーズナブル。また、中古車市場に目を向けると、どちらかといえば不人気モデルと言うこともあって、意外にもお買い得なものが存在する。プロパイロット2.0に拘らなければ前期モデルを狙うのもアリだ。
橋本 洋平
橋本 洋平
自動車ジャーナリスト
JAF国際B級ライセンスを持ち様々なレースに参戦。ワンメイクレースではチャンピオンを獲得したこともある。主にスポーツカーやタイヤのインプレッションを寄稿するほか、ドライビングレッスンのインストラクターも務めている。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。
日産 スカイライン 新型・現行モデル