現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか

ここから本文です

日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか

掲載 11
日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか

■次期「スカイライン」どうなる?

 次期「スカイライン」=インフィニティ「Q50」と関係がありそうなコンセプトカー「インフィニティ ヴィジョンQe」が、2023年11月に世界初公開されました。

【画像】超カッコいい! 日産の新型「V Qe」を画像で見る(36枚)

 ほどなく期間限定で日本の日産グローバル本社ギャラリーで展示されたのち、2024年2月にはカナダ国際オートショー2024で展示されました。

 Eセグメントのラグジュアリーセダンであり4ドアでファストバックのヴィジョンQeは、2025年よりアメリカのキャントン工場で生産される予定の、インフィニティ初となる完全BEVを想定したデザインを示しているようです。

 スカイラインというのは、日本車で有数の70年近い長い歴史を誇り、モータースポーツにおいても数々の金字塔を打ち立ててきた、名車の中の名車です。とくに中高年より上の世代のクルマ好きにとっては、その活躍ぶりをリアルタイムで見てきた、特別な存在となっています。

 そのスカイラインに大きな転機が訪れたのが、2001年に登場したV35型です。これこそが今回のヴィジョンQeのルーツになるわけです。

 ひとつ前のR34型は、売れ行きが伸び悩んだため発売から3年あまりで生産終了となっていました。そこで、本来はスカイラインになる予定ではなかった「インフィニティブランドの新世代プレミアムセダン」として企画されていたクルマが、日本ではスカイラインと名乗ることになったのです。

 そんなV35型は伝統の直6エンジンや丸型テールランプをやめ、雰囲気がガラリと変わったため、スカイラインとして是か非かが大いに論じられたものでした。ところが、次のV36型や、その次のV37型になると、V35型ほど否定的な声は聞かれなくなりました。

 現行のV37型が登場したのは2013年なので、すでに10年超が経過しています。実は今回公開されたヴィジョンQeのだいぶ前にも、2018年のデトロイトショーで「インフィニティQインスピレーション」というコンセプトカーが発表されていて、やはり次期スカイラインかと騒がれたものでした。

 最先端の自動運転技術と可変圧縮比のVCターボエンジンを搭載した次世代プレミアムセダンであり、市販車が2021年頃には出そうだという情報もあったほどです。

 ところが、自動車をとりまく環境が急速に変わり、電動化が求められるようになったことや、コロナ禍に半導体不足などの予期せぬ問題に直面し、計画が見直されることになったようです。

 さて、かくして出てきたヴィジョンQeは、その2018年発表のQインスピレーションとの共通性が見て取れながらも、6年分の進化を感じさせる近未来的で特徴的なスタイリングを呈しています。

 フラッグシップセダンらしい風格を感じさせる低くワイドで流麗なフォルムのボディには、インフィニティのBEVとしてのエッセンスが盛り込まれています。

 まずは何よりLEDで周囲を縁取った大きな「ダブルアーチグリル」が印象的で、ボディは彫刻的なラインがすべて1本に集約されるデザインで構成されています。

 深みのあるブルーのベースコートに光沢のあるゴールドのハイライトを組み合わせたボディカラーは表面で光と影が際立ち、インフィニティブランドを象徴する新しいビジュアルアイデンティティとしてあしらわれた、前後のゴールドに輝くデジタルピアノキーライトをより引き立てています。

 幾何学模様をもとにデザインされたマシンドフィニッシュのホイールも、新しい時代の到来を感じさせます。

 ヴィジョンQeについて販売店がスカイラインユーザーに聞いたところ「次期スカイラインがこんなにスタイリッシュになるのならぜひ欲しい」という声や、BEV化を歓迎する声も聞かれたようです。

 半面、スカイラインというクルマの性格上、ICE車を求める声が小さくないことも予想されます。

 世の中の変化は驚くほどで、ビジョンQeの企画がスタートした頃には、BEVのみでいくという大胆な計画が本当にまかりとおったかもしれませんが、2024年になってから、一転してBEVに懐疑的でHEVを支持する声が高まっています。

 ヴィジョンQeのスペックなど具体的な内容については、2024年3月下旬時点ではまだ明らかにされておらず、詳細は折を見て発表されていくようです。もっとも、次期スカイライン=インフィニティQ50をどうしていくのか、さらなる方向性の見直しが必要な感じになってきました。

 いずれにしても、ヴィジョンQeのデザインが本当にすばらしいことに変わりはないので、このエッセンスが市販車にどう活かされるのか、楽しみにして待つことにしましょう。かつてV37を購入した筆者も、いちファンとして心から期待しています。

こんな記事も読まれています

これは売れそう!! 次期ロッキー/ライズが[ランクル250]似になる可能性はゼロではないってマジ!?
これは売れそう!! 次期ロッキー/ライズが[ランクル250]似になる可能性はゼロではないってマジ!?
ベストカーWeb
マツダ新型「“小さな”高級車」はどうなる? まさかの「トヨタOEM」化も!? 次期「マツダ2」にモデルチェンジはあるのか
マツダ新型「“小さな”高級車」はどうなる? まさかの「トヨタOEM」化も!? 次期「マツダ2」にモデルチェンジはあるのか
くるまのニュース
ホンダ「V型10気筒エンジン」搭載した新型スーパーカー! 正式に「NSX後継車」名乗った「超ロングノーズ」モデルの正体は?
ホンダ「V型10気筒エンジン」搭載した新型スーパーカー! 正式に「NSX後継車」名乗った「超ロングノーズ」モデルの正体は?
くるまのニュース
日産「スペシャルティカー」登場! 1340万円の“2ドア”クーペ!? ほぼ新車の希少シルビアとは
日産「スペシャルティカー」登場! 1340万円の“2ドア”クーペ!? ほぼ新車の希少シルビアとは
くるまのニュース
日産「新型セダン」発表! 上質すぎる「ブラック・ゴールド」が超カッコイイ! 精悍顔の上質「アルティマ」中国で登場に反響集まる
日産「新型セダン」発表! 上質すぎる「ブラック・ゴールド」が超カッコイイ! 精悍顔の上質「アルティマ」中国で登場に反響集まる
くるまのニュース
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
日産の新型「コンパクトSUV」公開に反響多数! 「丁度いいサイズ」の「デュアリス後継機」へ熱望の声 「小さな高級車」な“上質内装”採用で欧州に登場
日産の新型「コンパクトSUV」公開に反響多数! 「丁度いいサイズ」の「デュアリス後継機」へ熱望の声 「小さな高級車」な“上質内装”採用で欧州に登場
くるまのニュース
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
くるまのニュース
三菱「新型デリカ」!? 超ビッグ&タフな「SUVミニバン」いつ登場? 斬新「D:X」に“熱視線”集まる
三菱「新型デリカ」!? 超ビッグ&タフな「SUVミニバン」いつ登場? 斬新「D:X」に“熱視線”集まる
くるまのニュース
マツダから3代目「新型CX-5」登場!? 次期型は25年頃発売か どんな人が興味示す? 自社ハイブリッド搭載明らかに
マツダから3代目「新型CX-5」登場!? 次期型は25年頃発売か どんな人が興味示す? 自社ハイブリッド搭載明らかに
くるまのニュース
マツダ新型「タフ感“SUV”」発表へ! エンジンは”トヨタ”製!?な「CX-50 HV」! めちゃカッコイイ「ワイドボディモデル」米に登場へ
マツダ新型「タフ感“SUV”」発表へ! エンジンは”トヨタ”製!?な「CX-50 HV」! めちゃカッコイイ「ワイドボディモデル」米に登場へ
くるまのニュース
マツダ「新型SUV」初公開! 斬新顔の「アラタ」は次期型「CX-5」…じゃない!? 中国で登場の「新モデル」が示すものとは
マツダ「新型SUV」初公開! 斬新顔の「アラタ」は次期型「CX-5」…じゃない!? 中国で登場の「新モデル」が示すものとは
くるまのニュース
マツダの「和製オープンカー」登場9年目でもなぜ人気? 最後の純ガソリン車か!?「ロードスター」の魅力とは?
マツダの「和製オープンカー」登場9年目でもなぜ人気? 最後の純ガソリン車か!?「ロードスター」の魅力とは?
くるまのニュース
ホンダの「V8スポーツカー」がカッコイイ! 500馬力超えの「FRマシン」は“NSX後継”のウワサも!? 再注目される「HSV-010」とは
ホンダの「V8スポーツカー」がカッコイイ! 500馬力超えの「FRマシン」は“NSX後継”のウワサも!? 再注目される「HSV-010」とは
くるまのニュース
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
ホンダ新型「小型ミニバン」初公開! 謎の新仕様「エアー」って何? 「無印フリード」ではない「キャラの強さ」とは
ホンダ新型「小型ミニバン」初公開! 謎の新仕様「エアー」って何? 「無印フリード」ではない「キャラの強さ」とは
くるまのニュース
日産「新型ノート“SUV”」世界初公開へ! まさに「小さな高級車」な豪華仕様! 精悍グリル採用の「AUTECH CROSSOVER」どんなクルマに?
日産「新型ノート“SUV”」世界初公開へ! まさに「小さな高級車」な豪華仕様! 精悍グリル採用の「AUTECH CROSSOVER」どんなクルマに?
くるまのニュース
全長5m級! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! 最上級“3列シート”SUV 新型「CX-80」は「“先代”CX-8」からどう変わった?
全長5m級! マツダが「FR×直6エンジン」搭載の新型「高級車」初公開! 最上級“3列シート”SUV 新型「CX-80」は「“先代”CX-8」からどう変わった?
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
  • DRAW4
    VQエンジン+e-POWER?


    初搭載から今年で30年経つVQエンジンですが、もうここまで来たら新しいエンジン(VRエンジンも含め)はやらないんでしょうね…
  • dar********
    最高グレードニスモの価格でBMのM2とほぼ変わらない。であるなら直6M2の方が断然面白そう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村