サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 遂にターボ&4WS化された新型911カレラ&カレラSに同乗インプレ

ここから本文です

遂にターボ&4WS化された新型911カレラ&カレラSに同乗インプレ

トルクフルなターボはドリフトもしやすい!

ワークショップはホッケンハイムのショートコースを使ったタクシードライブから始まった。バイザッハのテストドライバーの助手席に座る。タイヤのプレッシャーモニターを見るとフロント200kPa、リヤ220kPaと低いことに気がつく。朝一番の走行枠だったので、タイヤが冷えているのかと思ったが、ポルシェのドライバーは「乗り心地重視はこの空気圧でもOK」と言う。

自然吸気エンジンは回転とともにエンジン音が高まり、ドライバーの気持ちも高まる。一方、ターボは一定の音を維持するので、乗り味は大きく異なる。排気ガスでタービンを回すので、排気音もターボ独特のものとなるが、ターボはみな同じ音になりやすいので、自然吸気エンジン以上に音のチューニングが必要だろう。新型911カレラでは3種類のマフラー(カレラ用/カレラS用/OPのスポーツマフラー)を開発し、ターボエンジンの音の個性を作り込んできた。

助手席での印象だが、ターボっぽさは感じず、7000rpm以上までストレスなくエンジンが回っている。これは嬉しいことではないか。私が乗ったカレラのステアリングを握るテストドライバーはPSMをオフにしてドリフト走行も披露してくれた。ドライバーいわく、3000rpm前後のトルクが太くなったので、低い回転からドリフトできるとのこと。ターボでRRの二輪駆動はGT2しかなかったが、新型カレラ/カレラSが加わったのだ。

ピットに戻る最終ラップをゆっくりと走ってもらった。すると、911カレラとは思えないほど、静かでエンジンの振動も少ないことに気がついた。より高級感と快適性も増した新型911カレラは、やはり正常進化だったのだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します