サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ C-HR 価格差はあるがハイブリッドがおすすめ、グレードはSでも豊富な装備

ここから本文です

トヨタ C-HR 価格差はあるがハイブリッドがおすすめ、グレードはSでも豊富な装備

派手なデザインだが、走りも燃費もTNGAらしい完成度

トヨタ C-HRは、2016年12月に発売されたコンパクトSUV。「TNGA」という、車作りに関するトヨタの構造改革を全面的に取り入れて開発された第2弾モデルで、プラットフォームはその第1弾モデルだった現行型プリウスと同じですが、車台各部のチューニングはC-HR独自のものです。

外観は、まるで彫刻のようなイメージの彫りの深い面造形と、大きく張り出したホイールフレアとの対比などにより、なんとも「カッコいい感じ」に仕上がっています。

搭載されるパワーユニットは、1.8Lガソリンエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムと、1.2L直噴ターボエンジンの2種類。当初、駆動方式はハイブリッドがFFで1.2Lターボが4WDでしたが、2018年5月以降は1.2LターボでもFFが選べるようになりました。

トヨタ C-HRというSUVは、その派手めなデザインのせいでしょうか、いわゆる硬派な守旧派自動車マニアからは今ひとつウケが良くないのですが、トヨタ渾身のTNGAプラットフォームを採用したことにより、なかなかよく走る、そして燃費も良好な一台であることは間違いありません。

2019年10月にはマイナーチェンジを行い、フロント部分のエアインテーク(空気取入口)を左右に広げるなどしてワイド感を強調。装備面では、駐車時などに障害物を検知する「インテリジェントクリアランスソナー」や、駐車場での後退時に、左右後方から接近する車両を検知してブレーキを制御する「リアクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)」などをオプション設定しました。

2020年8月には一部改良を行い、予防安全機能と運転支援機能を強化。歩行者(夜間)や自転車(昼間)なども検知可能な新しい機能を採用し、低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制機能や、緊急時操舵支援機能を追加するなどしています。

現在販売されているトヨタ C-HRのラインナップ(※FFの場合)は下記のとおりです。

【ハイブリッド】
S(ハイブリッドのベーシックグレード):274万5000円
G(ハイブリッドの上級グレード):304万5000円
S“GR SPORT”(足まわりなどを強化したスポーティグレード):314万5000円

【1.2Lターボ】
S-T CVT(ガソリンのベーシックグレード):241万5000円
S-T 6MT(上記の6MT版):238万2000円
G-T CVT(ガソリンの上級グレード):271万5000円
G-T 6MT(上記の6MT版):268万2000円
S-T“GR SPORT” CVT(足まわりなどを強化したスポーティグレード):281万5000円
S-T“GR SPORT” 6MT(上記の6MT版):278万2000円

※上記はすべて2WDですが、ターボ車の「S-T CVT」と「G-T CVT」「S-T“GR SPORT” CVT」には4WDもあります。

※このほか「特別仕様車」も販売されています。

次のページ>>おすすめはハイブリッド。ベーシックなSグレードでも十分

※このページの写真=G

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します