サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 9速MCTを搭載する新しいAMG C 63は快適性重視のおっとり系

ここから本文です

9速MCTを搭載する新しいAMG C 63は快適性重視のおっとり系

一番ハードなRACEでも驚くほどしなやかになった

初代モデルが6.2リッターの自然吸気V型8気筒エンジンをCクラスの小さなボディに搭載したことから爆発的な人気を呼んだC 63。現在のパワーユニットはダウンサイジング化の流れを受けて、同じV8でも総排気量が3982ccに。しかしそのパワーは標準仕様の「C 63」で476ps/650Nm、この「C 63 S」では最高出力510ps/5500-6250rpm、最大トルク700Nm/2000-4500rpmまで跳ね上がっている。そして全てのパワーは後輪だけで支えられる。

その立役者となったのは、制御系の進化というか“深化”だろう。前述の通りトラクションコントロール系はよりその階層を深める形となった。同時に足回り及び駆動系制御が以前よりもさらに緻密さを増していると感じた。

これまではどちらかといえば、そのハイパワーに対応するべく足回りは固めな印象だったC 63。しかしその乗り味は、一番ハードな「RACE」モードを選んでも、驚くほどしなやかに4つのサスペンションを伸縮させるようになった。

かといってロールスピードが速いわけではないから、ドライバーは緊張感を強いられない。ただしダンパーの初期レスポンスをやや鈍めに取っている関係上、慣れてくると、そのスタビリティの高さに対して切り返しなどでの応答性に欲が出てくる。

もっともここをむやみに高めれば、ドライビングセオリーを無視して蛮勇を振るうドライバーをピンチに追い込むことはAMGも分かっている。実際、隊列の後続ではやたらめったらにドリフトしようとしてとっちらかっている他国のジャーナリストが、何度も窮地を救われていた。

総じてC 63 Sのシャシーセッティングは、アマチュアにも寛容であり、ドライビングセオリーを理解した者には非常にバランスの取れたステア特性だということがよくわかる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します