サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ファントム海外試乗。本当に乗り心地がよいクルマに出くわしてしまった

ここから本文です

ファントム海外試乗。本当に乗り心地がよいクルマに出くわしてしまった

開けていた窓を閉めると静寂が訪れる

試乗会はスイス・チューリッヒ郊外にあるルツェルン湖のほとりに建つホテルを拠点に開かれた。最初にEWBの後席の住人になった。足を前へ投げ出すと同時に天井を見上げるほどリクライニングできるサルーンが多いなか、ファントムの後席は座面がフロアから高い位置にあり、膝を90度近く曲げる格好となり、リクライニングもほどほどの可動域しかない。これを体験する度に「後席はあくまで腰掛けるところであって寝そべるところじゃないのだよ」と説き伏せられているような気がする。当然ながら、前後席ともに手に触れる金属のようなパーツはすべて(メッキじゃなく)金属だし、ウッドに見えるパーツは(木目調ではなく)ウッドだ。レザーもしかり。

走行中の車内は信じられないくらい静かだ。キャビンとそれ以外を隔てるバルクヘッドとフロアに、発泡素材とフェルトを挟み込んだ2層の合金製スキンを配置することで、圧倒的な静粛性を実現している。遮音材は1台につきざっと130kg以上。内部に発泡体の層を形成して騒音を減らしたタイヤはコンチネンタルの専用品。180種類ほど試した結果、仕様が決まったそうだ。走行中に開けていた窓を閉めた時に最も際立って静粛性の高さを感じることができる。ノイズキャンセリングヘッドフォンのスイッチを入れた時に近い。

とは言うものの、静粛性の高さに最も大きく貢献しているのは6.75リッターV12ターボエンジンだ。最大トルク900Nmを1700rpmで発揮することで、音が高まるほど回転を上げる必要がない。試しにラフにアクセルを踏んで高回転まで回してみたら、シュルシュルシュルという音が遠くのほうから聞こえてきたような気がした。ロールス・ロイスにはタコメーターがないから何回転だったのかはわからない。代わりにあるのはアイドリング時に針が100%を指すパワーリザーブメーター。アクセルを深く踏めば踏むほどパーセンテージが減る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します