サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レオーネからフォレスターへつなぐスバルSUVの歴史

ここから本文です

レオーネからフォレスターへつなぐスバルSUVの歴史

レオーネ4WDエステートバン

4WDといえばジープタイプしかなかった1970年頃、乗用タイプの4WDが欲しいという東北電力の要請から生まれたのがこのレオーネ4WDエステートバンです。数台試作されたあと、1972年にレオーネエステートバンに4WDをラインアップし市販化されました。水平対向エンジンと4WDの組み合わせはその後レガシィ、インプレッサ、フォレスターへ継承され、スバル伝統の技術となりました。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します