サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レオーネからフォレスターへつなぐスバルSUVの歴史

ここから本文です

レオーネからフォレスターへつなぐスバルSUVの歴史

8月3日~5日に千葉・幕張メッセで開催される、今年で3回目を迎えるヘリテージカーイベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2018(オートモビル カウンシル)」。スバルの出展テーマは「SUBARU SUV STORY ~量産初の乗用AWDをつくった、SUBARU SUVの進化の系譜~」。スバルブースでは、それまでの“4WDといえばジープタイプ”という常識を覆した「レオーネ4WDエステートバン」から、レガシィの発展モデル「レガシィグランドワゴン」やインプレッサベースの「フォレスター」など4台を展示しました。

====

初代フォレスター

インプレッサのシャシーをベースに、車高を上げて最低地上高200mmを確保しオンロード性能持ちつつオフロード性能を向上させた「クロスオーバーSUV」として、1997年2月にフォレスターは登場しました。当初エンジンは250PSのターボのみで「オフ車っぽいのに速い」というイメージを早々と定着させました。その後2リッターと2.5リッターのNAモデルも追加され、2リッターNAのMT車は低速副変速機付きとなり、オフロードの走行性能を向上させています。また車高を下げエアロやBBS製ホイールを装着してオンロード性能に特化した「S/tb-STi」なども追加されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します