サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アバルト595コンペティツィオーネ試乗。改良版の走りはどう変わった?

ここから本文です

アバルト595コンペティツィオーネ試乗。改良版の走りはどう変わった?

アバルト595コンペティツィオーネ試乗。改良版の走りはどう変わった?

写真は、595コンペティツィオーネ(左ハンドル、5速MT)

回しがいのある古典的な味わい

1.4リッターで180psを出すターボは最近ハヤリのダウンサイジング系エンジンの1種といえなくもないが、燃料噴射装置は古典的なポート式である。それでも2000rpmも回っていれば、1100kg強のスモールボディをパチンコ玉でも弾くように加速させるあたりは、いかにも現代風の柔軟性を感じさせる。

しかし、それ以上に嬉しいのは、6000rpm強のレブリミットまでトルクやレスポンスの落ち込みを感じさせずに、一気に吹けるところだ。最近の直噴ターボは5000rpmくらいでアタマ打ちとなり、中速域でグイグイ走らせようとするタイプが多いが、アバルトのそれは回しがいのある(いい意味で)古典的な味わいを残す。

この最新595コンペティツィオーネのエンジンが、従来よりもひとまわりパンチを増しているのは明らか。1年以内くらいに従来型の経験があれば、新型のパワー&トルクアップに気づくだろうな……くらいの体感差はある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します