サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > クロスオーバー人気でSUV市場拡大【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ここから本文です

クロスオーバー人気でSUV市場拡大【ボディタイプ別売れ筋・2月】

軽乗用車:軽トールワゴン、戦国時代へ突入

軽乗用車市場は総販売台数が1月比で20%増の14万2707台と躍進。前年割れの状況からは抜け出せていないものの、国産乗用車全体に占める割合は39.7%に達するなど、久々に4割に届きそうな勢い。市場をけん引する上位モデルは熱い戦いを繰り広げている。

首位の「ダイハツ タント」は1月比18%増の1万7977台と市場全体の流れに乗った伸びを示したが、2位の「ホンダ N-BOX」がそれを上回る30%増で追撃。登録台数の差はわずか80台で、3ヶ月連続で首位に立つタントを追い抜こうと必死だ。3位「日産 デイズ」も登録台数1万6439台とあいかわらずの勢いを見せており、3ブランドの軽トールワゴンが火花を散らしている。

トールワゴンが熾烈な戦いを繰り広げるなか、「スズキ アルト」が2月もトップ5入りを果たした。アルトシリーズにもトールワゴンの「ラパン」が含まれるが、主力はハッチバックで全体の6割を占めている。12月に登場した「アルトワークス」もその人気を支えている。5位は「ホンダ N-WGN」。こちらは1月比45%増の8974台で、10位からジャンプアップしてきた。

3月はいよいよ決算期で自動車販売のさらなる伸びが期待される。昨年秋以降に披露されたニューモデルが出そろった感もあり、各メーカーによるバトルの激化が予想される。

おすすめのニュース

サイトトップへ