サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > クロスオーバー人気でSUV市場拡大【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ここから本文です

クロスオーバー人気でSUV市場拡大【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ミニバン:安全装備を充実させたトヨタ3兄弟が台数増

ミニバン市場は全体で6万0854台。市場シェアは前年比2.9ポイント増の28.1%へと拡大し、伸び率はSUVに次いで大きかった。首位は「トヨタ シエンタ」で、1月比15%減と台数を減らしたが、2位以下に600台以上の差をつけ、昨年8月以降、7ヶ月連続で首位を維持している。

2位は安定した強さを見せている「トヨタ ヴォクシー」。登録台数は1月比15%増の7696台と市場拡大の波に乗っている。1月に自動ブレーキを含む安全支援装置を充実させた効果が表れている。その直接のライバルである3位「日産 セレナ」と4位「ホンダ ステップワゴン」もヴォクシー同様、前月から台数を伸ばした。

なお5位には「トヨタ ノア」が久々にランクイン。こちらもヴォクシーや「エスクァイア」(6位)同様、1月に実施された改良で安全装備が充実した。なお、2月上旬にハイブリッドモデルを追加した「ホンダ オデッセイ」は、トップ5には入らなかったものの、登録台数は1月比で6.7倍となる3410台をカウントし、急上昇中。今後さらなる躍進を見せる可能性大だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ