サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > プジョー208GTi。心躍る、とても罪深い存在

ここから本文です

プジョー208GTi。心躍る、とても罪深い存在

ホットモデルの「GTi」に心躍る

プジョーが戻ってきた。少し前までのプロダクトは正直、ドイツ勢に引っ張られていた感が少なからずあったが、208の登場によってプジョーらしい、フランス車らしい雰囲気が戻りつつあるように感じた。どこかシャレていて、身のこなしが軽やかで、カジュアルで身近な感覚が漂っていて…208にはいつか覚えたフランス車の醸し出す空気感が宿っていると思えた。

そんな208のホットモデルとして登場した「GTi」に、期待は当然高まった。果たしてどんな仕上がりか? そして事前のプロモーションでいう205GTiの再来といえるのか?

そんなことを思いつつ初めて208GTiを目にした時、素直に、心が踊った。人はずいぶんと勝手なもので、思い出を美しくして都合良く何かに重ね合わせる。僕もプジョー205GTiとともに過ごした青春の日を、勝手に目の前にある208GTiに重ねた。そうして走らせた瞬間、気持ちは今から20年以上前へタイムスリップした。イタリア車フランス車が脚光を浴び始めたあの頃へ。チープだけれども、底抜けに楽しいクルマたちを見つけて興奮した、あの時代だ。

だが、実をいうと、208GTiに205GTiの面影なんてほとんどない。かつての技術で作られた華奢で可憐さが生みだしていたあの感覚と、現代のFF的などっしりとしたスタンスで逞しさを誇るホットハッチの姿には大きな開きがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら