サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ホンダ「N-ONE」試乗 上質感を感じる走りとインテリアが魅力だがドラポジだけ気になる

ここから本文です

新型ホンダ「N-ONE」試乗 上質感を感じる走りとインテリアが魅力だがドラポジだけ気になる

軽であることを忘れるほど剛性感を感じるボディ

そして第三に、走行中は全体の“剛性感”のようなものがけっこう強烈に伝わってくるということ。

構造自体から見直されたボディは「高粘度接着剤によるボディ接合部位を拡大」「高強度化に寄与するハイテン材を随所に使用」等々と、プレスリリースに詳細に書かれている。また同時に、かなりのしっかり感が感じられる足回りやステアフィールについては、「横力キャンセルスプリング」や「電動パワーステアリング新制御ロジック」等々といったものが効いているらしい。

が、そんな細かい工学的なことは筆者にはわからないし(すみません)、ある意味どうでもいいと考えている。とにかく「ご興味がある方は近隣のディーラーでご試乗なさってみてください! たぶん感動しますよ!」と、言いたいことはそれだけである。

プレミアムに搭載される自然吸気エンジンは、高速道路で100km/h巡航からの追い越しを図る際などにはさすがに力不足を感じるが、そうではないシーンでは「これでぜんぜん十分」と言えるもの。つまり、市街地や国道などを20~60km/hぐらいで小気味よく、あるいはまったりと走ったり、高速道路を90~100km/hぐらいでのんびりめに走る分には、「やっぱターボ付きじゃないとダメだな……」と感じる瞬間はほぼ皆無であった。

結論として新型ホンダ N-ONEの中間グレードである「プレミアム」は、高速道路を長距離走る機会がさほど多くなく、なおかつN-BOX的な「背の高さ」「スライドドア」を必要としていない人にはかなりおすすめしたくなる一台である。

では、ノンターボではなくターボ付きのほうはどうなのか? ということで乗ってみたのが、スポーティグレード「RS」のCVTモデル。

内装は、RSならではの鮮やかなオレンジのガーニッシュ類やシートのステッチが中高年たる筆者にはやや気恥ずかしいが、質感そのものはプレミアム同様に良好。特にスチールヘアライン調のインパネガーニッシュは、取り外して家の玄関に飾っておきたくなるぐらい素敵だ。

そして走り出すと、ドライバーが感じる剛性感はプレミアム以上に高い。ボディそのものや前後のスタビライザーはプレミアムとRSで違いはないはずだが、14インチから15インチになるタイヤ&ホイールがそう感じさせるのか? いずれにせよRSのこの“しっかり感”も、ドライバーに「軽であること」を忘れさせる部分である。

最高出力64ps/6000rpmと最大トルク10.6kgm/2600rpmを発生するターボエンジンは、小ぶりで軽量なこの車には十分以上のパワーとトルク。全体の作りが違うため、さすがにスポーツカーまがいの走り方には向いていないが、「国道などをより気持ちよく走りたい」「余裕たっぷりに高速道路を巡航したい」という人、あるいは「とにかく常に活発に走らないと気がすまない!」というタイプのユーザーには――鮮やかなオレンジの「いかにも」な差し色さえ許容できるなら――かなり向いている軽自動車だ。

なおプレミアムのところで触れるのを忘れたが、全車標準装備となるHonda SENSINGに含まれる「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール」、要するにACCの作動具合も普通に悪くない。高額車のそれのように「きわめてスムーズ」というわけではないが、「ぜんぜん普通に使えます」といったニュアンスだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します