サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ニュルの量産FF車最速タイムを記録したルノー メガーヌ R.S. トロフィーRを初披露 - 東京オートサロン

ここから本文です

ニュルの量産FF車最速タイムを記録したルノー メガーヌ R.S. トロフィーRを初披露 - 東京オートサロン

1月10日(金)より幕張メッセで開催の「東京オートサロン2020」。carview!は注目のブースや車種を紹介します。※一般公開日は11(土)・12(日)

昨年4月にドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにおいて量産FF車最速タイム(7分40秒100)を記録し、11月には三重・鈴鹿サーキットでのタイムアタックも話題となった「メガーヌ R.S. トロフィーR」。

ベース車の「メガーヌ R.S. トロフィー」が積む1.8L直4直噴ターボ(最高出力300ps、最大トルク400Nm)と同じエンジンながら、4輪操舵システム「4コントロール」の不採用やリアシートの排除などで約130kgという大幅な軽量化をはかり、車両重量1330kg(カーボンセラミックパックは1320kg)を実現。アクラポビッチ製のチタンエキゾーストシステムやダクト付きのカーボンボンネットなどレーシーな装備も多数採用され、0-100km/h加速は5.4秒、最高速は262km/hを達成しています。

シャシー系では、16mmの車高調整が可能なオーリンズ製ダンパーやトルセンLSD、ブレンボ製4ピストンキャリパーを装備。ホイールはカーボン製とされ、タイヤには専用のチューニングが施されたというブリヂストン「ポテンザ S007」が採用されています。

本国フランスでの価格は5万5000ユーロ(約660万円)と発表されていましたが、日本価格は689万円に設定(展示されていたカーボンセラミックパックは949万円)。販売台数は世界限定500台で、日本には50台ほどが導入されるということです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します