サイトトップへ

サイト
トップへ

地震情報 4月3日 14時33分 気象庁発表
4月3日14時30分ごろ地震がありました。
[震源地] 広島県南東部  [最大震度] 3 今後の情報にご注意ください。詳細
地震の速報を、スマートフォンのアプリやメールでも受けとることができます。防災速報について

現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 48Vシステム搭載の新型メルセデスGLEは初採用アクティブサスで走りが変わる

ここから本文です

48Vシステム搭載の新型メルセデスGLEは初採用アクティブサスで走りが変わる

Eアクティブ・ボディ・コントロールを初設定

ガソリンエンジン搭載モデルGLE450に搭載されている48Vのオンボード・ネットワークで初めて可能になったのがEアクティブ・ボディ・コントロールである。エアマチック(エアサスペンション)とアクチュエーターの組み合わせで各車輪ごとのバネとダンピングフォースを自在に可変させることが出来る。それもロールだけでなくピッチング、またそれもカメラによる路面撮影認知(ロードサーフェス・スキャン)機能によってコーナリング中の姿勢制御も可能である。さらにロッキング・モードでは車体を上下に揺らすことによって砂地や泥濘地でスタックしてしまった状態からの脱出も可能にする。

このGLEはダイナミック性能、進歩的なシャーシ、そして近未来を先取りしたユーザー・エクスペリエンスなど、非常によくできたSUVである。また価格もGLE450 4MATICで7万2千650ユーロ(ドイツの19%付加価値税込み約980万円)と、例えばSクラスと比べると比較的安い。賢く、若いSクラス・オーナーはもちろん、乗降性などを考えると最近「よいしょっと!」という言葉が多くなった叔父さん社長もこっちを選んだ方が賢明かもしれない。黒塗りのGLEも悪くはないと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します