サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型マークX、“プラスエム”の価値に肉薄!

ここから本文です

新型マークX、“プラスエム”の価値に肉薄!

マークXの“本質”を暴く

去年発売の2代目マークX、実は意外なほど業界でウケている。理由はズバリ、本物志向だからだ。2.5リッターの6発搭載のFRセダンで、驚異の250万円以下という値段設定もさることながら、予想以上に味がいい。言い方は悪いが、今まで「安い発泡酒」だと思っていたのが、飲んだら「なんだ、結構しっかりビールしてるじゃないか!」と嬉しく裏切られたようなものだ。

具体的にはBMWやメルセデスとも遠くないナチュラルなステアリングフィールと、しっとりとした乗り心地、静かさなどを備えている。元々マークIIから続くFRセダンで、素性は悪くなかったはずだが、逆に最近ファミリー客が減り、本質重視で作れたのが幸いしたよう。具体的には先代モデルからクラウンやレクサスISなどと共通のFRプラットフォームを使えた事が大きい。基本的な剛性、静粛性を十分確保できたのだ。

というわけで今回の本題、マークX +Mスーパーチャージャー。Mは『モデリスタ』の頭文字で、トヨタの正規カスタムショップとも言うべきブランドが、後付けスーパーチャージャーを中心に、サスペンションやブレーキなど、足回り全般に手を加えたフルコンプリート・チューニングモデルだ。

確かにトヨタ本体とは関係のない外部ショップより“攻めた”チューニングは成されてないかもしれない。事実、ボディ補強は行われてないし、見ようによってはスーパーチャージャーによるパワーアップに合わせ、足回りを硬く締め上げただけ。よって普通に車検は取れるし、全国1500店舗のトヨペット店から正規保証付きで買え、下取り時にはそれなりのプラス査定まで貰える。

とはいえエンジンは42馬力もアップしてるし、「チーフエンジニアの了承はもらってある」と、今や高度にブラックボックス化した燃料噴射系コンピュータにも手を加え、マッピングも大幅にイジってある。そもそもモデリスタ側も最近減りつつあるチューニング好きを考え、「ノーマルと同じじゃしょうがない」と危機感を持って作ったのだ。要するに基本的な耐久性、特質を損なわないギリギリで、パワーアップし、よりスポーティな味付けがなされたもよう。

つまり本物のイジりを安心して楽しめる上、「トヨタらしからぬ」走りで評判の新型マークXの本質を暴き、丸裸にできるいいチャンスでもある。チューニングカーに興味のない人でも、気になる話ではないか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら