サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アルファード/ヴェルファイアがビッグMC。注目は次世代版トヨタセーフティセンス

ここから本文です

アルファード/ヴェルファイアがビッグMC。注目は次世代版トヨタセーフティセンス

12月25日、トヨタはラージクラス・ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を大幅マイナーチェンジした。目玉はより高機能な次世代予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス(第2世代版)」の標準装備。単眼カメラやミリ波レーダーの性能を向上させて、自転車(0-80km/hで対応)や、夜間の歩行者も検知する。

第1世代のトヨタセーフティセンスは日米欧の乗用モデルのほぼ全車種に行き渡った。同社はこれを受け、高度な運転支援機能を追加したより強力な第2世代バージョンを2018年から順次展開していく。

従来版の「トヨタセーフティセンスP」に対して、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要なハンドル操作を行なう「レーントレーシングアシスト」と、カメラで認識した道路標識を画面表示する「ロードサインアシスト」も追加。

ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプもデザインを変更。特にヴェルファイアはフロント周りのメッキパーツが増えた。インテリアもメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更して高級感を高めている。

3.5L車に搭載されるエンジン&AT(6速→8速へ)も一新。燃費(エグゼクティブラウンジ、7人乗り、FFで9.6km/L→10.6km/L)や、ダイレクトな走行フィールを向上させた。さらに、構造用接着剤の使用の拡大や、高剛性ガラス接着剤を使うことでボディ剛性を高め、操縦安定性や乗り心地を向上させている。

月販売目標台数はアルファードが3600台、ヴェルファイアが4500台。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します