サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アバルト124スパイダー試乗速報。ロードスターと走りはどう違うのか?

ここから本文です

アバルト124スパイダー試乗速報。ロードスターと走りはどう違うのか?

アルファロメオからフィアットになった理由とは?

60年代は「フィアット124スポルトスパイダー」のアバルトチューンがラリーで活躍していた。その意味では今回日本で市販されるアバルト124スパイダーは50年ぶりの復活となった。

このマツダとフィアットのコラボレーション企画がスタートした当初は、アルファロメオ・ブランドのスパイダーとなるはずだった。だが、アルファロメオはプレミアムセグメントに格上げされることが決定され、FRスポーツサルーンの「アルファロメオ ジュリア」の開発が始まると、ライバルはメルセデスの「Cクラス/Eクラス」やBMWの「3シリーズ/5シリーズ」で、マツダとアルファロメオのブランドイメージがバランスしないことになった。そして最終的に、フィアット124スパイダーが復活したのだ。日本でのブランディングを考えると、心底、アバルト124スパイダーで良かったと思う。

ベースとなるマツダ車は最近、ドラポジやペダル配置など人間中心の基本性能が光っている。一方、右ハンドルのイタリア車は今までペダル配置が悪くて、さすがのイタ車信者たちも我慢して乗っていたのが現実だ。輸出に向けた主たるビジネスモデルが無いフィアットにとって、右ハンドルのATを望む日本市場は面倒くさい市場だったのだ。

だが、イタリア車信者は日本に少なくない。例えば、アバルトモデルはイタリアについで世界で2番目に売れているのが日本で、信者は多いがまともな右ハンドル+AT車がないという辛い時代が続いていた。新しいアバルト124スパイダーには最良のペダル配置、オルガン式ペダルに加えて、トルコンATまで備わる。これは紛れもなく、神様からイタリア車信者への贈り物なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します