サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アバルト124スパイダー試乗速報。ロードスターと走りはどう違うのか?

ここから本文です

アバルト124スパイダー試乗速報。ロードスターと走りはどう違うのか?

実は日本製のアバルト124スパイダー

マツダとフィアットのコラボで生まれた「フィアット124スパイダー」がついに日本に登場した。癒し系スポーツカーとして定評がある「マツダ ロードスター」(以下、ロードスターと表記)をベースにして開発されたフィアット124スパイダーは、日本のフィアット・インポーターに“広島の”工場から直送される。つまり国産車扱い。エンジンはフィアット製1.4Lターボが搭載されるが、これはイタリアから直送されるのだ。つまり注目はフィアットの心臓が移植されたロードスターがどのように変貌したのかということになる。

フィアット124スパイダーにはベースモデルの他に、アバルト・マジックが施された「アバルト124スパイダー」も存在する。そして日本では、エンジンをパワーアップしたアバルト124スパイダーだけが市販される。ベースモデル同士だとロードスターのライバルになってしまうことを両社は嫌ったのがその理由で、ロードスターよりも約100万円高いことで差別化はできている。当然、日本ではサソリマークの「アバルト」ブランドで市販されることになる。

ということで、アバルトの話からはじめよう。アバルトはイタリアに移住したオーストリア人の名前で、戦後、フィアットのチューニングパーツの市販から事業をスタートした。もともと走るのが好きだったアバルト氏はラリーカーのチューナーとしてもフィアット社から信頼され、ロードカーのチューナーとしても活躍。ラリーでは小さなクルマを俊敏に走らせる能力が求められる。一方、同じフィアットグループのアルファロメオやフェラーリはF1などのサーキットレースで、大きなエンジンを搭載するパワー競争に昂じていたわけだ。ちなみに私のような世代のハートには、70年代に大活躍したラリーカーの名車「131アバルト・ラリー」が刺さる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します