サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサスISの改良モデルを北京で発表。さらにアグレッシブな表情に

ここから本文です

レクサスISの改良モデルを北京で発表。さらにアグレッシブな表情に

レクサスは4月25日、スポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを北京モーターショー2016でワールドプレミアした。ISの購入理由で最も多かったというエクステリアデザインの進化を狙い、”Aggressive Sports”をキーワードにさらに力強くスポーティなスタイリングへと変更されている。日本での発売は2016年秋の予定。

内外装の変更に加え、最新の予防安全パッケージを装備

フロントまわりは、フェンダーからつながる塊感のあるバンパーコーナーによってアグレッシブな造形を追求。ヘッドランプはL字型のクリアランスランプと連続性を高め、内側に延長した特徴的な形状とした。スピンドルグリルは上下の比率を変更。グリル下部をより大きく広げ、両下端からブレーキダクトへ空気を導く機能性も表現している。“F SPORT”には、3次元のF字メッシュパターンにブラックメタリックコーティングを施したスピンドルグリルを採用し、独自性を際立たせている。リヤには3層のL字を重ねた、奥行きを感じさせるコンビネーションランプを配し、エキゾーストパイプの形状変更も施された。

インテリアでは、マルチメディアディスプレイを10.3インチに拡大し、リモートタッチ側面にENTERボタンを設置することで操作性を向上。その他、ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルのヘアライン調への変更や、カップホルダーの改良、アナログクロックの視認性向上など細部まで見直しが行われた。

安全面では、最新の予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用。車両や歩行者を検出し、自動ブレーキで衝突回避または被害軽減を支援する「プリクラッシュセーフティ」、ステアリング振動機能付「レーンディパーチャーアラート(LDA)」、夜間のロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、設定車速内で一定の車間距離を保ちながら先行車を追従できる「レーダークルーズコントロール」が装備される。

【こちらもオススメ】
その他のモーターショー関連ニュースはこちら
マイチェン前のISは?試乗レポートはこちら
その他のレクサスの記事はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します