現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?

ここから本文です
試乗記 2013.6.27 レポート:岡崎 五朗 / 写真:菊池 貴之

レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?
  • レクサスIS試乗。日本の高級車は変わるか?

IS300h Fスポーツ

レクサスは「高級なトヨタ車」か?

今回のお題は新型ISだが、試乗レポートへと話題を進める前に、まずはレクサスとはいったいどんなブランドなのか? ということから考えていきたい。それが新型ISの価値を知る早道になるからだ。レクサスとは? クルマにまったく興味のない人に聞いたとしても簡単に答えるだろう。「高級なトヨタでしょ」と。

その答えは半分は当たっているが、半分は間違っている。たしかにレクサスはトヨタのプレミアムブランドだ。トヨタにはできない上質なクルマを、トヨタにはできないホスピタリティとともに提供するのがレクサスの価値であり、使命でもある。だからこそ、顧客は決して安くない対価を喜んで支払い、満足する。しかし、当のレクサスが目指しているのは「高級なトヨタ車」などではない。もっと高いレベルにある真のプレミアムブランドだ。

とはいえ、自ら「真のプレミアム」と名乗ったところで、認めるか認めないかは顧客次第。健全な社会には常にライバルが存在するものだが、レクサスの場合、それはメルセデス・ベンツであり、BMWであり、アウディであり、ジャガーである。それら輸入プレミアムブランドと比べた場合、日本国内における販売店のホスピタリティはおそらくレクサスがベストだろう。正確なデータはもっていないが、信頼性も高いはずだ。しかし「クルマの実力」と「ブランド力」に焦点を当てたとき、これまでのレクサスには足りない部分が多かったのも否定できない。実際、レクサスの主要顧客はトヨタ車からの乗り換え組であり、輸入プレミアムブランドから客を奪うには至っていない。

コンセプト、デザイン、ハードウェア、歴史、伝説・・・それらが渾然一体となって生みだすブランド力=合理的には説明のつかない魅力、がプレミアムカーには不可欠だ。レクサスが産声を上げたのは1989年。日本での展開は2005年~だから、100年を超える歴史を積み重ねてきた名門のブランド力に太刀打ちできるはずがないし、そもそもそれをいま持ち出すことに意味はまったくない。しかし、であるならなおのこと、レクサスには、神話となるような圧倒的ハードウェアを世に問うことが求められるのではないだろうか? だが、世界を震撼させた初代セルシオ(LS400)は別として、その後のレクサスからはそんな気概が感じられなかった。むしろ「高級なトヨタ車」を指向していたようにすら見えた。

しかし、ここに来てついに流れが変わりはじめた。10年後に過去を振り返ったとき、2013年に登場したISは、レクサスが真のプレミアムブランドへと力強く前進する分岐点となった記念碑的モデルと言われるかもしれない。

試乗ステージ:横浜みなとみらい 車種:IS

    グレード=IS300h Fスポーツ
    全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm
    ホイールベース=2800mm
    車両重量=1670kg
    駆動方式=FR
    エンジン=2.5リッター直列4気筒DOHC・直噴
    最高出力=131kW(178ps)/6000rpm
    最大トルク=221Nm(22.5kg-m)/4200-4800rpm
    モーター=143ps/300Nm
    トランスミッション=電気CVT
    JC08モード燃費=23.2km/L
    価格=538万円

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します