サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 次期ポルシェ マカンは全車EVになる、の衝撃発表が文字通り事実であるこれだけの理由(追記あり)

ここから本文です

次期ポルシェ マカンは全車EVになる、の衝撃発表が文字通り事実であるこれだけの理由(追記あり)

次期ポルシェ マカンは全車EVになる、の衝撃発表が文字通り事実であるこれだけの理由(追記あり)

テスラ モデル3(写真:テスラモーターズ)

戦略や価格を考えても全車EV化は十分な現実味がある

次期型マカンに話を戻せば、そもそもEVも設定するけれど、基本は48V化だけ、しかもそれは2~3年後かそれ以降というのなら、こんなリリースを今、出す必要があるだろうか。もちろん戦略としてはアリかもしれないが、だとしたらその戦略が何かにプラスにならなければならない。タイカンへの期待を盛り上げる? いや、それなら視線をタイカンに集中させた方がいい。ポルシェの電動化への本気度を示すという意味ではアリかもしれないが…?

更に言えば、ポルシェはメルセデス・ベンツが続々採用中の48Vテクノロジーには実はあまり積極的ではない。ポルシェはすでにEV用に800Vシステムを持っており、またPHEVモデルには382Vシステムを使っている。その上、更に48Vシステムを持つことにどれだけのメリットがあるのかというわけだ。一理ある。

価格はどうか。マカンがEV化したら、本当に今より高くなって売れなくなるのだろうか。まだ参考になる例は多くは無いが、テスラ モデルSの現在の価格はエントリーの75Dで1003万円。アウディe-tron、メルセデス・ベンツEQCも、この1000万円を下回る辺りを狙っているとされる。マカンはこれらよりもひと回りコンパクトだから、バッテリー容量は近いところにあるとしても、少なくともマカンSやマカン ターボの価格レンジを実現するのは非現実的ではない。

テスラ モデル3という比較対象もある。航続距離約400kmのミッドレンジでアメリカでの車両価格は約520万円、約498kmのパフォーマンスで約730万円と、現状の日本仕様のスターティングプライス、699万円のマカンとは価格帯が重なってくる。まして次期型マカンのデビューは2~3年後。バッテリー価格を巡る状況は更に変化していてもおかしくないとなれば…。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します