サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

ここから本文です

スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

クロスビー ハイブリッドMZ(4WD)

軽快な走りに好印象、高速でも快適な巡航を楽しめる

で、欧州の小型大衆実用車でしばしば見られた「あえての鉄板むき出しスタイル」に近いインパネ付近の造形もなかなかステキなわけだが(ただしこちらは鉄板ではなく、鉄板風の樹脂パネル)、内装の話ばかりしていても仕方ないので、とっとと走り出してみよう。

……うむ、なかなか良きフィールである。

カーマニア的なことを言わせていただくと、クロスビーの車台は玄人筋からの評価が高い「HEARTECT(ハーテクト)」という軽量高剛性な新世代プラットフォームのAセグメント用(ちっちゃい車用)である。それゆえクロスビーは、ジャーナリスト各氏の試乗記事では「上質感すら感じられる乗り味だ」的に評される場合が多い。

ただ、筆者の場合は上質感というよりも「軽快感」とでも呼ぶべきフィールを、クロスビーからは強く感じた。

前述の軽量高剛性な車台に、これまたカーマニア的な言い方をすると「K10C型」というかなり高性能なエンジンを組み合わせているため(なにせこのエンジン、排気量わずか1Lなんですが、パワーとトルクは1.5Lエンジンに相当するのですよ)、加速も巡航も、そしてカーブなんかを曲がる際にもとにかく「軽快」なのだ。

その様は、イメージとしては青山学院大学かどこかの「小柄な駅伝選手」に近い。小柄で細身な人なのに、ガタイの良い一般人の全力疾走以上のスピードで山坂道などをグイグイ走っていく――という感じだ。

もちろんグイグイ走るだけでなく、のんびりめに走る際の印象も悪くない。

高速道路を100km/hちょうどで巡航する際のエンジン回転数は2000回転ぐらい。風切り音は(最近の車としては)やや大きめに感じられたが、エンジン音やロードノイズはさほどでもなく、なかなか快適な巡航を楽しむことができる。そこからの必要に応じての追い越しも、さすがのK10C型エンジンだけあって楽勝。ほとんどストレスがない。

生活道路とそのへんの幹線道路、そして高速道路をあちこち(おおむね普通ぐらいのペースで)走り回っての燃費は、車載の燃費計によれば11.6km/L。カタログ燃費である20.6km/Lに届かなかったのはまぁ仕方ないとしても、もう少し燃費が良ければ……とは正直思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します