サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

ここから本文です

スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

スズキ クロスビーは国民車目線でも単なる道具に納まらない実用小型車

クロスビー ハイブリッドMZ(4WD)

上級グレード「ハイブリッドMZ」の4WD版を調査

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第12回目。今回の調査対象は、2017年暮れにデビューしたスズキの小型クロスオーバーSUV「クロスビー」である。
>>国民車とは?

まずはごく簡単にモデル概要を。

同じスズキの人気軽自動車「ハスラー」のデザインイメージを踏襲したクロスビーは、ワゴンとSUVを融合した“小型クロスオーバーワゴン”を名乗るモデル。いわゆる5ナンバーサイズだが、5ナンバー車に許された枠をめいっぱい使い切るのではなく、全長3760mm×全幅1670mmという小ぶりな寸止めサイズにとどめている。

用意される動力源は1種類で、排気量1Lの直列3気筒直噴ターボエンジンにモーター機能付き発電機とバッテリーを組み合わせた「マイルドハイブリッド」と呼ばれるシステム。モーターのみによる純EV走行も可能なフルハイブリッドと違い、加速時にモーターが少々のアシストをしてくれるというタイプである。

駆動方式は2WD(いわゆるFF)と4WDの二種類があるが、4WDの仕組みはビスカスカップリング式という比較的簡易なもの。カタログ燃費(JC08モード)は2WDが22.0km/Lで4WDが20.6km/Lとなっている。

ラインナップは、上級グレードにあたる「ハイブリッドMZ(200万3400円~)」と、標準グレードに相当する「ハイブリッドMX(176万5800円~)」の2タイプ。今回の調査車両は、上級グレード「ハイブリッドMZ」の4WD版にモロモロのオプション装備が付けられたものだ。

で、さっそく実地調査を開始したわけだが、この車はなかなか素晴らしき実用大衆車なのではないか? というのがいきなりの結論である。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します