サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱ふそう新型「スーパーグレート」とダイムラートラックの2台に試乗。日本欧州北米の最新トラックってどんな感じ?

ここから本文です

三菱ふそう新型「スーパーグレート」とダイムラートラックの2台に試乗。日本欧州北米の最新トラックってどんな感じ?

三菱ふそうはダイムラートラックの一員

三菱ふそうの10トン級大型トラック「スーパーグレート」の試乗会に編集が参加しました。同じダイムラーグループのメルセデス・ベンツ「アクトロス」とフレイトライナー「カスケディア」も用意され、普段乗ることが出来ないトラックに乗りました(といってもアクトロスとカスケディアは助手席です。理由は後ほど…)。

三菱ふそうは現在ドイツのダイムラーグループに属し、約90%がダイムラー資本。そのダイムラーは今年11月、組織再編で商用車部門を独立させて「ダイムラートラック」となりました。

三菱ふそうトラック・バスのフロリアン広報部長は「アジア、ヨーロッパ、アメリカなどで展開するトラックに共通のプラットフォーム、エンジン、電装品などを使用し、これから外すことのできないEVや自動運転技術など、合理的に開発、展開していく」と言います。

また「ディーゼルは2050年まではなくなることはない」とのこと。ディーゼルエンジンは効率が高く、将来性のある技術であり、これからも開発を続けていくそうです。

前置きが長くなりましたが、今回の試乗会のハイライトは三菱ふそうのフラッグシップ「スーパーグレート」の2019年モデルに搭載された「自動運転技術レベル2」の体験であります。この技術は欧州でブランド展開しているメルセデス・ベンツの「アクトロス」、北米でブランド展開しているフレイトライナーの「カスケディア」にも全く同じ技術が搭載されています。

※このページの写真
左からメルセデス・ベンツ「アクトロス」、三菱ふそう「スーパーグレート」、フレイトライナー「カスケディア」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します