サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱ふそう新型「スーパーグレート」とダイムラートラックの2台に試乗。日本欧州北米の最新トラックってどんな感じ?

ここから本文です

三菱ふそう新型「スーパーグレート」とダイムラートラックの2台に試乗。日本欧州北米の最新トラックってどんな感じ?

合理的だが個性的でこれからが楽しみな3台

話が前後してしまいますが、最後にスーパーグレートのレビューを。高さはアクトロスとカスケディアの中間。キャビンの真ん中にはエンジン部分張り出しているので助手席側に行くことはできません。2台と比較して広さはなく(それでも広いですが)、このサイズ感は日本の道交法や、北米や欧州のトラックほど長距離を走行しないためと言えそうです。乗り心地は一番しっかり目ではありますが、エアサス付きシートなどが効いていて角の丸い快適な乗り心地でした。

排気量はアクトロスと同じ10.7Lで最高出力は349ps/1600rpm、最大トルクは2000N・m/1100rpmとアクトロスに近い数値となっています。

見た目や乗り心地は違いますが、パワートレーンや先進技術はまったく同じという3台。自動車は合理化が進み、個性が無くなっていくのでは? という心配をよそに、個性をしっかりと活かしつつ、合理性をうまく使うダイムラートラック。個性的なそれぞれのモデルが今後どのように進化していくのか楽しみです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します