サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ランボルギーニ、アヴェンタドールとウラカンの限定モデルを披露

ここから本文です

ランボルギーニ、アヴェンタドールとウラカンの限定モデルを披露

伊ランボルギーニは8月16日、モントレー・カーウィークで「アヴェンタドール SVJ ロードスター」及び「ウラカン EVO」の限定エディションを公開した。

V12をミッドにマウントするフラッグシップ、アヴェンタドール SVJがベースの「アヴェンタドール SVJ 63ロードスター」(写真1-13)。猛牛ファンならネーミングでピンと来たかもしれないが、昨年のモントレーで公開された「アヴェンタドール SVJ 63」のオープンバージョンにあたり、8種類が用意される内外装は、社内のデザインチーム、チェントロ・スティーレとビスポーク部門「アドペルソナム」がコラボして完成させたもの。

ルーフやエンジンカバーなどはマット、シャイニー2タイプのカーボン仕上げが選択でき、ホイールも新登場のマットチタン仕様となる。インテリアも各所にランボルギーニが特許を持つ「カーボンスキン」が用いられ、ステアリングやリアウォールにはボディと同じく「63」のロゴがあしらわれている。限定63台のうちモントレーに出展されたのはマットグレイ塗装の1台だが、残念ながら既に全台が売約済みという。

もう1台はV10モデル、ウラカンがベースの「ウラカンEVO GTセレブレーション」(写真14-26)。こちらは、レースマシン「ウラカン GT3 EVO」のデイトナ24時間とセブリング12時間での活躍を称え、参戦チームのカラーを彷彿とさせるペイントを採用。ドアとフロントフードには「11」の文字が入れられ、リクエストによりイタリアと米国の国旗に囲まれたエンブレムをルーフに入れることも可能だ。また、インテリアには新型のレース仕様シートが奢られ、専用のエンブレムも入れられる。生産台数は2つのレースの合計時間にちなみ36台とされ、来年初頭に北米限定でデリバリーされる見込みだ。

このほか、SUV「ウルス」の新色も発表されるなど、見どころが満載だったランボルギーニのモントレー・カーウィーク。今後もその動きには要注目だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します