サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ワイルド系デートカーという新境地。ダイハツ タフトはハスラーとはぜんぜん違う仕上がりになっている

ここから本文です

ワイルド系デートカーという新境地。ダイハツ タフトはハスラーとはぜんぜん違う仕上がりになっている

レトロ系ゆるキャラvsオラオラ系ミニハマーで見た目から違う

見れば見るほどぜんぜん違う! オートサロンで見た時から予想していたとはいえ、ここまでハスラーと違うキャラ、違う走り味に仕上がってるとは思わなかったぜ、「ダイハツ タフト」。ご存じコロナ禍の6月に発売された注目の新型軽クロスオーバーSUVだ。

見た目全体から漂うワイルド感、フェンダーモールや大径タイヤは、確かにこの6年間、破竹の勢いを誇る軽SUV「スズキ ハスラー」と一瞬被る。そりゃ累計48万台も売れ、いまや元国民車の「スズキ ワゴンR」を超える人気の初代ハスラーを考えると、まったく意識しなかったってことはないでしょ。

しかし、タフトはハスラーとはミッキーマウスとドナルドダックくらい、いや巨人と阪神ぐらいにキャラクターが違う。

決定的なのは見た目だ。ハスラーは初代が老若男女に受けるある種のレトロデザイン、ゆるキャラデザインだったのに対し、ハスラーは相当尖ったアメリカンSUVデザインだ。ぶっちゃけミニハマーである。特に受注の約半分を占めるというメッキパック仕様からはワルの匂いが。ある意味、そのオラオラ感、スクエア観を引き継ぎ、最近の敵を作らない系デザインが多い軽マーケットで異彩を放つ。

特にタイヤ前面を全部隠さないフロント樹脂モールの造形なんて、相当イケイケなファッションセンスだ。この辺り、2代目になり本格志向のフォルムをまとっても、目の玉繋がり系のゆるキャラマスクをもつハスラーとはかなり異なる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します